心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

冷凍保存

人体冷凍保存昨日の記事の続きになるが、宇宙旅行で何億光年旅するには、冷凍し再生する必要があるようだ。

実際動物では成功したと聞く!

世界では、冷凍する会社があるそうだ。
僕の知る限りでは、人体保存のビニネスを展開しているのは、アメリカのアリゾナのアルコー延命財団クライオニクス研究所2社である。
アルコー延命財団は昨年のデーターで登録メンバ809名、74体の冷凍された遺体を保存している。全身の冷凍保存で最低15万ドル、頭部だけの冷凍保存でこれなら8万ドル、クライオニクス研究所は28000ドルである。
冷凍保存技術はここ数十年で進歩した。
死亡が確認されると直に氷水溶液に浸され、心臓肺の呼吸回復装置によって血液循環と呼吸が人工的に復元される。静脈にはフリーラジカル抑制剤、一酸化窒素シンターゼ抑制剤、PARP抑制剤、抗凝血剤、麻酔薬などが注入される。麻酔薬は脳の酸素消費量を抑え、脳を保護する。大動脈と静脈に外科手術が行われ、患者は携帯用の人工心肺に接続され、以後、人工心肺で心臓と肺の機能を持続される。そうしながら低温で生命を維持するために設計された器官保存液に置換され会社に遺体を移動する。
このように人体に破壊的影響を与えることなく、冷凍保存することを可能にした。
もちろん今までに冷凍された遺体が蘇ったことはない、
この方法は日本でも臓器移植の臓器を保存とほぼ同じだが、現在の日本では人体冷凍保存は無理なようだ。
日本でもこのような企業が近日中生まれるだろう。
貴方はお金があったら人体冷凍保存しますか!

 

 

 

宇宙旅行

 

rtsp01_add_01l「お安くなって22億なったのです。」引田天功2代目の弁、宇宙旅行の話だが、はじめは26億だったそうだ。

引田天功は、現在は宇宙旅行の順番待ちであり、ロシアのスペースシティで、ミグ25に乗って成層圏まで行って重力に耐える訓練をしているという。ちなみに7分で成層圏に着くそうである。順番は教えてもらえないそうだが、彼女の前はロバート・デ・ニーロだそうだ。「彼が旅立ったら次は私の番」との事。

岩城滉一、930万円自腹で日本初の民間宇宙飛行をするとか、どちらにせよ凡人には遠い話である。

 


現在の宇宙旅行は単なる宇宙空間に出るだけだが、将来惑星や衛星を旅できるようになると僕は信じる。
スペース・シャトル(Space Shuttle)は全体の重量1800tその90%が燃料らしい、この燃料を830秒で消耗してしまうらしい、爆発する危険物に飛行士達は縛られているようなものだ。
この方法だと火星には位置のタイミングもあるが2年、木星には5年ほど時間が必要だ。
この方法ではかなりの無理がある。太陽系の宇宙旅行のツアーは一生旅行に費やしてしまうことになる。

アルベルト・アインシュタインは光が全宇宙で一番早いと言ったが、光の速度を人類が手に入れたとしても、地球から一番近い恒星までは10万年かかってしまう、やはり僕が思う宇宙旅行は無理な話なのだろうか!
いや!江戸時代の人々は江戸から大阪までの現在の移動時間を想像できただろうか!一人としていなかっただろう。
アルベルト・アインシュタインはヒントを残している。一般相対性理論では重力場による時空の歪みの可能性を唱えている。世に言うワープだ。
ワープをして太陽系に留まらず天の川銀河や他の銀河を旅行する日が必ずやってくる。

レペノマムス 2

哺乳類「レペノマムス」
恐竜などに生活の場を制限され、夜間、虫などを食べて影を潜めて生活を送っていたと考えていたのに、大した奴もいた者だ。
しかし、この種も恐竜絶滅の前に姿を消している。
何故、こいつが生き残れなかったのだろうか! 


哺乳類は毛が生えている。このことで哺乳類は自分で体内の温度を調整できる。
それまでの恐竜は太陽で体内の温度を調整する。
しかし、現在の鳥の祖先である、恐竜にも羽根を持つものが現れた。
「ディロング」なのである。

 55304ce2

 


彼らは敏速で夜も活動することが出来た。
これが「レペノマムス」の絶滅の原因と考えられる。

「レペノマムス」以外の哺乳類は鼠のような小さな状態で、恐竜時代を生き抜いたのだ。
メキシコ、ユカタン半島に落ちた隕石が恐竜時代の幕引きの原因の一つであるが、哺乳類は小さいことが幸いしたのかもしれない。
もう一つの生き抜けた要因は、胎盤である。
現在の哺乳類も98%受け継いでいる。
体内で育て、危険から親が守るという活気的な方法なのだ。
恐竜がいなければ、哺乳類はこのように進化しなかっただろうし、人間へと繋がらなかっただろう。

レペノマムス

Gobiconodon中国遼寧省、最近よく行くところだが、恐竜時代の中頃白亜紀前期、今から12500年前の化石がよく発見されることを、ある書物で知った。

12500年前の地層は世界でも珍しいそうである。

この中国遼寧省から最近すごいことが解った。

恐竜時代に哺乳類は、小さく夜行性で恐竜に虐げられていたと思っていたが、1種類だけ体を大きくし、昼行動して恐竜を餌としていた奴がいたらしい。

その名は「レペノマムス」だ。

全長60~104cm、レペノマムス・ロブストスと呼ばれる種の化石の胃のあたりから全長20cmほどの恐竜、プシッタコサウルス の子供の骨が見つかったのだ。

もちろん、中国遼寧省で発見された。

恐竜などに生活の場を制限され、夜間、虫などを食べて影を潜めて生活を送っていたと考えていたのに、大した奴もいた者だ。

しかし、この種も恐竜絶滅の前に姿を消している。

何故、こいつが生き残れなかったのだろうか!  続く!

火星は住めるか!

現在、移住可能とされる惑星は、それは火星です。


地球の約半分、一日は地球より少し長い24時間40分、エベレストの三倍の山オリンポスや、赤道付近の深さ9000mものマリネオス大峡谷などがあり、この辺りの気温は昼15ですが、夜になると-100と下がります。
img_ace174f820a8e7dc92eff1d31bfb3435197667一面赤茶けた大地で夕日だけが大気のチリが作用し青色に染まるそうです。
このような惑星に僕達人間は住めるのでしょうか!
1969
720日、月に人類が下り立ってから40年が経っています。
月は5日間で行けますが、火星に行くには180日間かかります。
火星まで4億kの遥かな旅に人間は果たして耐えられるのでしょうか、人間は無重力の中でそれだけ長い時間生活できるのか、そして精神的に狭い空間で生活できるのかが疑問です。
それとコストです。現在1kgを火星に運ぶのに11千万円の費用がかかります。
一番の重量は燃料です。シャトルの真ん中の燃料タンクは全体の95%にもなります。

この二つの問題は実は現在解決されつつあります。
無重力のための体力の低下を運動で解決し、野菜を育てることで精神を安定させるのです。
燃料の重量の問題は、帰りの燃料を火星の二酸化炭素から作り出すことに成功したのです。

2018
511日火星へ有人探査機を打ち上げる計画があります。
2018
1118日アポロの月から50年、人類は火星に下り立つのです。
そして571日間の探査をします。

火星には生物は本当にいるのでしょうか!そして水はあるのでしょうか!
楽しみです。

赤茶けた-60の不毛の星、火星で人類は住むことができるのだろうか!
100
年後には90億人にもなるという地球、温暖化、食料問題、違う惑星への移住は避けては通れない道なのです。

f2b1afb0-4058-0133-8ead-0e17bac22e39火星に到達した人類は、改造し地球と同じ様な環境を作り上げます。
温室効果ガスを放出して温度を上げ、地下に眠る水を表面に戻し、川や海を蘇らせるのです。このことをテラフォーミングと言います。
温室効果ガスを放出し、50年で20
温度を上げます。そうすると火星にある変化が起きます。先ずは火星の南極にあるドライアイスが解けます。
ドライアイスは二酸化炭素が凍りついたものです。日本の面積の48倍もあると言われるドライアイスは温室効果ガスとなり火星を包みます。
そうして40年くらいで自然と地球の温度くらいになります。
火星の温度が上がると、火星の永久凍土が溶け出し火星の表面に水が戻ってくるのです。表面に水が戻ると雲ができます。雲が出来ると雨が降ります。
雨は赤茶けたチリを洗い流し、地球のような青く川や海がある星になるのです。

今世紀の終わりには10万人以上の人が火星に移住していると思われます。
解らないことも多くあります。
火星は地球の3分の1の重力です。この重力の中で暮せば人類は何世代もの間に大きな変化をしてしまうのでないかと想像されます。

夜空に浮かぶ地球を眺めている、火星に移住した僕達の子孫は新たな進化をし、僕達と違う姿形をしているかもしれません。

Article search
Counter and Time
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Gallery
  • 奇跡の星
  • 第99回全国高等学校野球選手権石川大会
  • 今年も最高!橘Sing Sing Sing
  • 「天動説」と「地動説」
  • 「天動説」と「地動説」
  • 星座
  • 冷凍保存
  • 宇宙旅行
  • レペノマムス  2
  • レペノマムス
  • 火星は住めるか!
  • 火星は住めるか!
  • 地球の危機  Ⅲ
  • 地球の危機 Ⅱ
  • 地球の危機  Ⅰ
  • 宇宙の最後
Fund-raising