心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

MotoGP  Ⅳ

IMG_6437

17日は、長岡から道の駅「はが」に移動!

道の駅「はが」は、毎年僕達のMoto GPの時の拠点としている。

敷地内に「ロマンの湯」があり、国道から一歩入り込んでいるので、あまり車も駐車していない。そして広い!

18日、今回の目的の1つの館林ラーメン米屋に向かう。

先日TVで見て、一度食べてみたいと思った。

写真のように店はバラックで、田圃の真ん中にポッンとある。

確か採算のとれないこだわりの店で紹介されていたが、チヤーシューなどは良い肉を使用しているようだ。

入った瞬間あまりの汚さに、しり込みしてしまったが、ラーメンは、地鶏の旨味がかなり濃いのですが魔法の様な口当たりの美味しい清湯スープ、軽い感じで切れのある歯応えの自家製の細麺、そして普通サイズでもかなり大きくて分厚いチャーシュー!

僕は、塩味の一杯を食べたが大きな満足感を得た。


IMG_6440

MotoGP  Ⅲ

yahiko047

16日、朝早く目が覚めて、釣り人を眺めていた。

何も釣れないので、痺れを切らして「何が釣れるのですか!」と尋ねると、イカだと返ってきた。

結局、一匹も釣れなかったが、その後に来た人は、鯵を20匹くらい釣り上げた。

 

マリンドリーム能生を出発したのは、10!

米山SAで遅い朝食し、長い休憩をして、今晩ご厄介になる長岡のM氏の元に向かった。

M氏は、長岡市の市会議員、やはり家は想像どうりに大きかった。

 

M氏の家の近くに、道の駅「国上」があり隣接して「てまりの湯」がある。

風呂を入って、近くの弥彦山の夕陽を見ようと、走ったのだが、思った以上に道がジグザグで、海の見えるところまでは時間を費やしてしまって、真っ暗になってしまった。

 

M氏の家で夕食を頂いた。

自家栽培した食材で、色々な料理でビールが進み、早めに眠りに着いた。


MotoGP  Ⅱ

 1605kusatsu_03

 

 

15日、所用があり、出発が14時になった。

今日の行程は、糸魚川の道の駅 「マリンドリーム能生」、以前から一度は行きたいと思っていた。

風呂が無いのは、問題だが電源もあり、駐車スペースが広いはずだ。

 

SA有磯海で遅い昼メシを食べるのに時間を費やして、道の駅に着いたのは、閉店5時ギリギリだった。

世界の海を航海した実習船「越山丸」展示されている前に駐車する。

驚いた事に電源は、海の資料館 越山丸・マリンミュージアム海洋からコードを肌で出してあるだけ、鍵も無くこれでは誰でも引ける事に驚く。

此処は、ベニズアイが有名だが、夕食は寒かったので道の駅内にあるコンビニのおでんにした。

PB090637


MotoGP  Ⅰ

main_img

 

MotoGPとは、ロードレース世界選手権、1949年に始まった二輪ロードレースの最高峰カテゴリーである。

世界各地で年に19戦行われ、日本では茂木ツインリンクで開催される。

TVでは、若い時から観戦していたが、茂木ツインリンクに行ったのは、2016年。

キャンプサイトからメインコースが見渡せる事、1億を越えるバイクが凄い爆音で、300k強で走り抜ける様に感動して、生きている間は、毎年観戦しょうと決めたのだ。

 

僕のMotoGPは、6月から始まる。

6月の第一土曜日からネットでのチケット販売のスタンバイだ。

しかし、PC 携帯を駆使しても取得出来た試しがない。

チケットを転売目的で族が、何かソフトを使用して取得しているからだ。

20181800円のチケットを8万で購入した。

 

MotoGPは、3日間なのだが、一週間前からトレーラーを牽いて出発す。

今年は、糸魚川、長岡と停泊し、茂木ツインリンク近くの「道の駅はがに」に停泊し、此処を拠点として、TVなので紹介されたお店や観光地を周る。

過去2年間で、牛久の大仏像、益子焼、佐野ラーメン、などを周った。

今年の目的は、長岡のトレー仲間のMさんの家、館林市のラーメン屋だ。

明日から、この旅を記事にしたい!

 

つづく

 


キャンピングカーをオール電化に!


IMG_5328
 

道の駅では、発電機を回せない!

外部電力のあるRVパークでしかキャンピングカーを止める事ができない!

バッテリーを並べて、夏の夜エヤコンを長く使用するように努力している人も多いが、それでも電力は不足する。

 

電源は、キャンピングカー取得している人は、誰もが悩みである。

この問題を、この装置が一気に解決した。

 

この装置は、2点の利点がある。

昼、増幅発電機でパネルからの電流を3倍(276%)にし、その電流を特殊インバーターで2倍(176%)して、リチウムイオンバッテリーに充電する。

3×26倍充電される。

キャンピンカーの狭い屋根には最適である。

夜、バッテリーから放電しながら、使用した電流の2倍(176%)が充電されるシステムである。

 

本体は、移動可能なので、家に設置して、トレーで出かける時は、トレーに移動して使用する事も可能だ。

 

12月より設置可能になる2kの物は、リチウムイオンバッテリーは5.4kで、4kくらいは1時間使用可能である。

 

本格的な販売は、来年になると思うが、現在販売元になる会社を探している。

この商品の名前も決まっていない!アイデアを提供して欲しい!

トレーの会には、四国のMさんとも相談して何台かを原価で提供しようと考えている。

よろしく!

 


Article search
Counter and Time
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
Gallery
  • SNS
  • MotoGP  完
  • MotoGP  完
  • MotoGP  完
  • MotoGP  Ⅶ
  • MotoGP  Ⅵ
  • MotoGP  Ⅵ
  • MotoGP  Ⅴ
  • MotoGP  Ⅴ
  • MotoGP  Ⅳ
  • MotoGP  Ⅳ
  • MotoGP  Ⅲ
  • MotoGP  Ⅱ
  • MotoGP  Ⅱ
  • MotoGP  Ⅰ
  • キャンピングカーをオール電化に!
Fund-raising