心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

地球の危機  Ⅲ

本ブログで投稿した「宇宙の最後」では、ビックフリーズが起きて宇宙は最後になるのではと解いたが、今はビッグリップが起きるのではと考えるようになった。

ビックフリーズとは、現在の宇宙では恒星が死んでも、飛び散ったガスからまた新しく天体が作られています。
しかし星のガスが全てリサイクルされるのではなく、一部は白色矮星や中性子星、ブラックホールに固定されます。
長い時間が経過すると星を作る材料が無くなっていき、また全ての恒星が寿命を終え、100兆年後には恒星が無くなり、宇宙は闇に閉ざされます。
その後、全ての天体はブラックホールに吸収されていきます。
宇宙はブラックホールしか存在しない世界となります。そのブラックホールも最後には消えます。
20070906002023

ビッグリップとは、リップの意味は引き裂くと言う事です。
2005
年に発表されたこの説は、宇宙の膨張を果てしなく加速している事が、永遠に継続しないという考えです。
銀河と銀河の離れる速度を計測すると、326万光年離れるごとに秒速70.1kmずつ速くなっているのです。
さらに加速すると銀河をまとめている重力が膨張に負け、銀河も太陽系もバラバラに引き裂かれます。
500
億年後このビッグリップ起きるのではと予想されています。

100
兆年後か500億年後か、どちらにしても宇宙には終結があるのです。

                               完

 

地球の危機 Ⅱ

その2太陽
僕達の住んでいる地球は太陽系の中にあり、その中心は太陽である。
地球の生命体は、太陽が無かったら存在はありえなかった。
46
億年前に誕生した太陽の直径は約140km。地球の約109倍もあり、地球のまわりを回る月の軌道がすっぽり入る大きさだ。
質量は地球の33万倍、体積は130万倍、表面の温度が約6,000
、中心部では1,500である。
この太陽の中心核では熱核融合により水素原子4個がヘリウム原子1個に変換されるために圧力が僅かに下がり、それを補うために中心部は収縮し、温度が上がる。
その結果核融合反応の効率が上昇し、明るさを増していく。45億年前から現在までに30%ほど明るさを増してきたとされている。
このように太陽も日々変化している。

sol17太陽の命は150億年と推測されていが、63億年後には中心核で燃料となる水素が消費し尽くされ、中心核ではなくその周囲で水素の核融合が始まるとされる。
その結果、重力により収縮しようとする力と核融合反応により膨張しようとする力のバランスが崩れ、太陽は膨張を開始して赤色巨星の段階に入る。
外層は現在の200倍程度にまで膨張し、この時点で水星と金星は太陽に飲み込まれ、消滅しているだろう。
太陽は超新星爆発を起こすのに十分なほど質量が大きくない。
地球は太陽の膨張により、外に押しやられる働きもあり飲み込まれ事は免れるが、60億年後地球の海は蒸発して無くなり、地球誕生時のように表面は高温なマグマの世界になり、生命は存在できなくなる。

地球の危機 Ⅰ

現在、地球は人間という動物によって痛めつめられている。
地球の肺である森林の伐採、海を汚染し、空気中には二酸化炭素を放出しつづけている。
弱りきった地球を、パンチを打たれるように他の危機も迫っている。
今夜から3回シリーズで投稿したい!

 

 825e4940-s









その1「小惑星」

恐竜時代が終結を向えたのは、地球に小惑星が衝突した事が原因とされている。
しかし、小惑星が衝突しなければ、恐竜が眠っている間足元をウロウロしていた人間の祖先が発展することはなかっただろう。
この小惑星が今正に人間を絶滅しょうとしている。
2004
6月、仮符号2004 MN4 現在小惑星番号99942「アポフィス」が発見された。
太陽系には何億と言う小惑星がダンダムに起動を描き、時には地球に急接近している。
「アポフィス」は2029年接近時に1個または複数の人工衛星と衝突する可能性があり、それによって次の接近時に地球と衝突する確率が上昇すると、2008415日、ドイツの13歳の少年が算出した。
その計算ではアポフィスが地球に衝突する確率は450分の1で、ヨーロッパ宇宙機関 (ESA) は少年の計算が正しいと認めている。
次の接近時とは2036年である。
この小惑星が衝突した場合のエネルギーは、TNT火薬880Mt相当とされている。
地球上の原子爆弾を全て集めてもこの規模にはならない。
実際にどのような影響が出るかは、小惑星の構成成分、衝突する地点や角度により異なるが、大きな被害が出るのは間違いないだろう。

宇宙の最後

o0800056411526081875















ビックバンで生まれた宇宙、今も膨張が加速している宇宙の運命はどうなるのか!
将来、宇宙、銀河系、太陽系、地球はどうなるのか!
今その未来が科学の力で予測できるようになったのです。

真空のエネルギーで膨張が加速している宇宙は、銀河と銀河が離れていきます。
僕達の住む銀河も大海の小島のように孤立します。
太陽系はどうなるのか!
太陽系の中心の太陽はどうなるのか!
僕達の生命の源でもある太陽にも終焉があります。
10
億年後太陽に変化が起きます。太陽は膨張を始めます。
20
億年後地球の海は干上がってしまいます。おそらく地球に生命は住めない状態になるでしょう。大地は溶け出し、空は大部分が太陽しか見えません。地球は現在の金星のような星となるでしょう。
65
億年後太陽の面積は100倍を超え、水星は太陽に飲み込まれてしまいます。
70
億年後太陽は地球ほどの星、白色矮星(はくしょくわいせい)となります。
そしてその後崩壊していきます。
太陽より質力の大きい星は爆発を起こしブラックホールとなります。
ブラックホールも自然と消えて、宇宙は何も無い闇の世界となります。
これが終わりなのか、終わりでないかよく解りませんが・・・・・・・。
僕達は今一番良い時代に生きているのかもしれません。

 

最終回  未来

地球の未来はけして明るいものではありません。
僕は養殖業にも携わっていますが、平成元年から見ると日本海は2度上昇しています。
これは考えられないことでした。
温暖化は、昨日北海道で起きた竜巻など、異常気象の原因と考えられています。
しかし、トランプ大統領は、パリ協定から離脱しょうとしています。
そして現在進行形で、密林は伐採され特に後進国は空気を汚し続けています。
政治や経済、そして社会のシステムがほとんど変化せず、現状のまま進んでいったとしたら、確実に破局が待ち受けているでしょう。
地球は急激に人々を養う能力を失って、ついに2050年頃には、人口はこれ以上支えられなくなり、死亡率は上昇し始め、これまで増え続けてきた人口は、逆に減っていくでしょう。
阿部総理の言う、四季のある美しい日本は、秋が1月くらいになり、冬、春を飛ばして長い夏になるでしょう。
南極、北極、氷河の氷が溶ける事で、海面が上昇して海に沈むところがでてくるでしょう。
異常気象はさらに激しくなり、各地で被害は膨大でしょう。
作物も影響を受け、食糧難になるでしょう。

元総理の小泉は、「格差はあって当たり前」と言いました。
日本も格差は広がりつつありますが、中国は7%の人が98%の経済を握っているそうです。
地球の自然を守るなど考えられなくなり、食糧難になった時、お金のある人しか食べれなくなるそんな日がくるような気がします。
まるで現在の北朝鮮のような状態が世界に広がるのです。

100
年後1000年後を考えることのなく目の前の選挙しか考えられない政治家達にこの地球を託していたなら、一部のエゴの強い人達や国にいろんな事がコントロールされ、長い年月をかけて奇跡と偶然を重ねて育った地球を、正に一瞬で破壊されてしまうと思うのですが!

最後の一文を書きたくて「宇宙と生命 」を記事にしてきました。
しかし僕もガソリン車に乗り、電気を使っています。

でも何か行動しないといけないと、多くの人が考えているのでないでしょうか!

 

おわり

Article search
Counter and Time
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Gallery
  • 奇跡の星
  • 第99回全国高等学校野球選手権石川大会
  • 今年も最高!橘Sing Sing Sing
  • 「天動説」と「地動説」
  • 「天動説」と「地動説」
  • 星座
  • 冷凍保存
  • 宇宙旅行
  • レペノマムス  2
  • レペノマムス
  • 火星は住めるか!
  • 火星は住めるか!
  • 地球の危機  Ⅲ
  • 地球の危機 Ⅱ
  • 地球の危機  Ⅰ
  • 宇宙の最後
Fund-raising