心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

ドレイクの方程式

宇宙生命が存在する星の数をあらわす「ドレイクの方程式」
私たちの太陽系が属している銀河系には、2,000億個もの恒星があるといわれています。そして、宇宙にはこのような銀河が数億個以上あると考えられています。
中には生命を発生させ、高度な文明をもつ惑星があっても不思議ではありません。
アメリカのフランク・ドレイクは、「今現在、銀河系内にどれくらいの知的生命が住む星があるか」を推定する式を考えました。

ドレイクの方程式N=Ns×fp×ne×fl×fi×fc×L

N
銀河系に存在する高等文明の数
Ns
銀河系に毎年うまれる恒星の数
fp
その恒星が惑星系をもつ確率
ne
そのなかで生命が生存可能な環境をもつ惑星の数
fl
そこに生命が発生する確率
fi
その生命が知的生命体に進化する確率
fc
その生命体が他の星に対して通信をおこなえる確率
L
その高等文明の継続時間

導き出されるNの値が、地球人と交信可能なレベルの文明をもつ星の数になります。ただし、このNの答えは人によってまちまちです。特にflfifcLの値はいまだ観測などからは明らかにすることはできません。そのため、答えが1万~100万個とする人もいます。


「他の知的生命体交流することはできないだろうか?」と考えた科学者たちによって、これまでさまざまな試みがなされてきました。1960年にはドレイクらによって、地球外知的生命体からのメッセージを捉えようという「オズマ計画」が行われました。
1972
年~73年に打ち上げられた惑星探査機「パイオニア10号・11号」にはアルミ製のメッセージボードが、1977年に打ち上げられた惑星探査機「ボイジャー1号・2号」には、地球の音や様々な国の言葉での挨拶を録音したレコード盤が載せられました。
これらは、太陽系を離れ深宇宙へと向かう探査機が、どこかで知的生命体に出会ったときに人類のことを知らせる手紙なのです。

奇跡の星

63936835_8e9983107e僕達が生まれたのは、宇宙に関係し、大きな影響を受けています。
偶然が重なり奇跡に近いことが僕達の生命を進化し、保持したのです。
太陽系の誕生は、適量のチリとガスが在った為にバランスのとれたのです。
そして太陽からの位置も偶然に適切な位置に、木星のような盾も偶然にでき、タイミングよくガスも偶然に消えたのです。
地球は自転することで、磁気が発生し、太陽風から地球を守り、太陽風は太陽系のバリアーとなり宇宙線から守っているのです。
銀河系の中で太陽系の位置も偶然に適切な位置にあります。
銀河系の中心は星も多いので、今よりも近い所にあると彗星がもっと多くなったでしょう。
遠すぎると彗星が発生せず、生命の誕生は無かったかもしれません。
僕達の今があるのは幾つもの偶然か重なったのです。
やはり奇跡でしょうか!
そんな奇跡が重なった星が他にあるだろうか!

第99回全国高等学校野球選手権石川大会

暑い夏!

99回全国高等学校野球選手権石川大会も大詰めとなってきた。

今日でベスト4が出そろった。

寺井高校、航空石川、遊学館、星陵

28日に甲子園行く一校が決定する。



tournament 

今年も最高!橘Sing Sing Sing

「天動説」と「地動説」

今夜もボーと夜空を見ている。
宇宙に行けなかった時代に「地動説」を唱えた先人は偉いなー!
昨夜は星座の話を投稿しましたが、「天動説」と「地動説」の話をしたいと思います。


15
世紀頃まではクラウディオス・プトレマイオスの天動説が主だったのですが、大航海時代が始まると、星の見え方から船の位置を知るという実用上の理由から、天文学が研究されるようになり、観測技術が進歩するにつれて、惑星の位置予測がずれるなどクラウディオス・プトレマイオスの天動説では説明できない多くなり、天動説に疑問をいだく学者も出てきたのです。

 

2440ptolemaios

















先ず疑問をもった学者はニコラウス・コペルニクスです。

コペルニクスは、宇宙は数学的にもっと合理的な運動をしているのではないか、と考え、太陽を宇宙の中心におき、そのまわりを地球や惑星が回転しているという宇宙の姿を考えたのが、地動説です。

天体の運動を明快に説明するコペルニクスの地動説は、その後の天文学者に影響を与えていきます。デンマークのティコ・ブラーエは詳細な天体の位置観測を行ったことで有名な天文学者です。ブラーエは優れた視力の持ち主で、太陽や月、惑星の動きの詳細な観測記録を残しています。ブラーエの死後、助手であったドイツのヨハン・ケプラーがブラーエの残した多くの観測データを受けつぎ、地動説の基礎となる惑星の運動に関する「ケプラーの法則」を発見するのです。

 

一方、イタリアでは、ガリレオ・ガリレイが、望遠鏡を開発し天体観測を行い、1610年、木星のまわりを動く4つの衛星を発見します。この発見を皮切りに、ガリレオは金星の満ち欠けと大きさが変化して見えることなど天動説では説明できない現象を次々と発見したのです。
これにより、ガリレオは地動説を強く信じるようになるのですが、1300年にわたって支持されてきたプトレマイオスの宇宙に対するキリスト教や人々の信奉は根強く、地動説が広く受けられるにはかなりの時間がこれからも必要だったのです。

Article search
Counter and Time
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Gallery
  • 道の駅ランキング 2017
  • 台風18号
  • 旅の宿
  • 能登のキリコ祭り
  • 能登のキリコ祭り
  • 西海祭り
  • 西海祭り
  • ペルセウス座流星群
  • 能登島
  • 能登島
  • 石崎奉燈祭
  • 石崎奉燈祭
  • スケーリーフット
  • 和倉温泉花火大会
  • 僕達は孤独なのか!
  • きぼう
Fund-raising