心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

尾崎 豊  誕生

俺の時計の針がちょうど午前零時を指した

過ぎ去る時は新しい日の中に消え去ってゆく

訳もない涙が溢れ そっとこぼれ落ちる

分からないものが俺の全てを狂わせてしまった

愛を失い 仕事すらなくし 俺は街を出た

そして今俺は一体何を待ち続けているのか



ポケットには別れた家族の写真がある

皆で笑い俺は兄貴に肩を抱かれてる

その写真をながめる度 分けあった訳の中に

それぞれが選んだ生き方を思い浮かべてみる

人生はいつも誰にも冷たいものだから

捨ててしまうことの方がきっと多いものだから



街の風は凍ついたまま吹きつけ心隠さなければ

大切なもの何ひとつ守りきれやしないから

そっと目を閉じて ふっと心を閉ざし 暮らしているけど



Hey baby
 俺はクールにこの街で生きてみせる

Hey baby
 俺は祈りの言葉なんか忘れちまった

俺はきっとまだ マトモにやれるはずさ

街中の飢えた叫び声に立ち向かいながら

俺は走り続ける 叫び続ける

求め続けるさ 俺の生きる意味を



一人で生きる寂しさに疲れ やがて恋に落ちた

彼女と二人暮らし始めて半年が経った

マトモな仕事が見つからずに 荒れ果てた暮らし

投げ出したくなるそんな暮らしが続く日毎に俺は

愛の温もりも忘れて 心はすさんでゆき

自分自身から逃げ出そうと 脅えて暮らした



心の弱さの逃げ道に罪を犯した俺は

捕えられ 牢獄の重い扉の奥で息をひそめた

そして裁判の後 俺は手首ナイフで切り付け

気がつけば病院のベッドの上薬漬けにされた

あぁ教えてくれ 俺のどこに間違いがあるのか

街の冷たい風から逃れて生きてきただけなのに



やがて俺もマトモな生活を見つめ彼女と暮した

ある日彼女は 涙ぐむ笑顔の中でつぶやいた

二人の新しい命が宿り 生まれてくることを



Hey baby
 俺はクールにこの街に生まれた

Hey baby
 そして何もかも捨てちまって生きてきたんだ

生きる早さに追いたてられ 愛 求め 裏切られ 孤独を知り

振り返ることも出来ず 震え暮らした

そして走り続けた 叫び続けた

求め続けていた 生きる意味も分からぬまま



産声を上げそして立ち上がり

やがて歩き始め 一人きりになる

心が悲しみに 溢れかき乱されても

脅えることはない それが生きる意味なのさ



Hey baby
 忘れないで強く生きることの意味を

Hey baby
 探している 答えなんかないかもしれない

何ひとつ確かなものなど見つからなくても

心の弱さに負けないように立ち向かうんだ

さぁ走り続けよう 叫び続けよう求め続けよう

この果てしない生きる 輝きを



新しく生まれてくるものよ おまえは間違ってはいない

誰も一人にはなりたくないんだ それが人生だ 分かるか



Coke ONアプリと言うのがあって、1週間35,00015,000歩の歩数を稼ぎ、15枚スタンプを貰うと、1本飲み物が貰える。何とか15,000歩クリアーする為に歩いている。
今日は、何時になく夏のような太陽、何気なく見た道端の木に花が咲いていた。
種類の分からない桜の木、僕は生まれて何度目の春だろう!


IMG_6928

糖尿病は「自己責任」? 麻生氏発言にずっとモヤモヤ

ずっとモヤモヤしています。

 きっかけは、昨年10月23日の記者会見で、日ごろ財務省を取材している同僚記者がした質問に対する、大臣の麻生太郎さんの答えでした。

「『自分で飲み倒して、運動も全然しねえで、糖尿も全然無視している人の医療費を、健康に努力しているオレが払うのはあほらしい、やってられん』と言った先輩がいた。いいこと言うなと思って聞いていた」と他人の発言を引いて、麻生さんは自分の思いを語りました。

 この「先輩」は、78歳の麻生さんより年上。健康に気をつけ予防に取り組んでいる「先輩」は、隣にいた「自分で飲み倒して、運動もしない」人を指さし、「あほらしい、やってられん」と言ったのだそうです。

 ソーシャルメディアでは「自己責任論と弱者排除を振りかざす醜悪体質」などの批判を招いて炎上しました。一方、「正論だし本音」という賛意の声も上がりました。

 なぜ、モヤモヤしたのか。記者(52歳)は20年近く社会保障の取材をしてきて、健康状態を過度に個人の努力不足のせいにするのはおかしいという意見です。でも、暴飲暴食を繰り返している人を前にすれば、麻生さんと同じような思いを抱く人も多い。だから、政治家の麻生さんは、ホンネの政治家として人気があるのでしょう。こうした発言が繰り返されることで、「あほらしい、やってられん」というギスギスした雰囲気が生まれないか。そんなことが心配になったからです。

 私も20~30歳代の頃は、「年金問題」の取材などに追われて夜中に飲み食いする日々が続きました。今は、日々勃発する出来事を追うポジションではなく、健康に気をつける余裕があります。でも、世の中には私と同じ50歳代で強いストレスを受けながら激務をこなしている人も多いでしょう。

■「生活習慣病って冷たい言葉」

 実はいま、国は「予防」を推進して医療費を抑制する政策を進めようとしています。中心は経済産業省で「明るい社会保障」というスローガンを掲げています。主なターゲットは糖尿病などの生活習慣病です。2017年に105歳で亡くなった医師の日野原重明さんも「成人病」に代わる名前として提唱しました。背景には、個々人の生活習慣が原因でなる病気なのだから、個々人の努力で予防できるはず、という考え方があります。

 ですが、本当にそうなのでしょうか。また、予防によって医療費は抑制できるのでしょうか。こうした考えには異論があります。

 「生活習慣病って冷たい言葉だよね。自己責任を過大に評価している。このニュアンスが独り歩きすると、麻生さんみたいな発言になっちゃう」。そう話すのは、首都圏で人工透析専門のクリニックを運営するベテラン医師です。

 生活習慣病とされる病気の一つが糖尿病(2型)。これが原因で腎臓が働かなくなると、血液から老廃物を取り除くため透析治療を受けなければいけません。

 糖尿病を悪化させるのは、長時間労働しながら、安い外食に頼る人が目立つといいます。「目の前のことに精いっぱい、ギリギリの暮らしで健康のことなど考えられない人が多いんです。貧困病という側面がある」と話します。

 体中の血液をきれいにする透析治療の標準は1回4時間を週3回。心身ともに負担の大きい治療を生涯受け続ける必要があります。生活全般にも厳しい制約がかかります。その大変さは、健康な人間の想像を超えるものでしょう。胸が痛みました。

■生まれつきかの線引き「難しい」

 社会の仕組みが健康に与える影響を研究している東大准教授の近藤尚己(こんどう・なおき)さんは、麻生さんが会見で述べた「(不健康が)生まれつきなら諦める」という言葉が気になったといいます。「不健康が生まれつきかどうかの線引きは難しい」からです。

 「子どもの頃に置かれた厳しい環境が積み重なると、大人になってから不健康になるリスクが上がります。自分の努力ではどうしようもない事情は様々あるのに、今の状態だけで自己責任かどうか判断するのはよくないし、事実上不可能です」と近藤さんはいいます。

 いま、霞が関の官庁で国の動きを取材していると、この「予防」や医療費の抑制をめぐって様々な新しい動きがあります。「メタボ健診」が導入された時のように、私たちの生活に影響する変化が起きるんじゃないか。今度はそれが気になって、モヤモヤが続くのです。(浜田陽太郎)

吉田拓郎&かぐや姫 in つま恋2006

吉田拓郎&かぐや姫 in つま恋1975

Article search
Counter and Time
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
Gallery
  • 電源システム
  • 電源システム
  • 「深田 久弥」
  • 90分
  • 「ひやおろし」
  •  推測がはずれて
  • 農口尚彦
  • 小さな白い花
  • 青葉若葉
  • 結婚式っていいなー
  • スティーブ・ジョブズ  最後の言葉
  • 富山花見
  • 富山花見
  • ブラックホール
  • 新元号
  • 変なホテル
Fund-raising
  • ライブドアブログ