心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

「BLUEBIRD SSS 1800」

IMG_6181

実業家であり自動車愛好家である前田彰三が一代で築き上げた。

石川、小松市の自動車博物館に行った。

クラシックは、あまり興味がないので、存在は知っていたが行く気がしなかった。

810日にGUMBALL 3000:London to Tokyo 2018が来る事もあり下見だ。

 

「日産BLUEBIRD SSS 1600」が展示されていた。

僕が始めて車を取得したのは、「BLUEBIRD SSS 1800」で色はサハリーブラウン!

エンジンは、直列4気筒SOHC L18 (1770cc)で木目ハンドル!

4輪独立遣外で当時ジャレ道が多いが、その道をスムーズに走った。

僕はポルシェに乗ったことが無いが、ギヤレバーがグニャと入って、助手席の女の子の膝に当たりそうになる。これが又好んでいたところだ。

それから「ハコスカ、ケンメリ、ジャパン」日産スカイラインを乗り継いだ。

その来るのも展示してあった、

僕の青春に乗っていた車が、もうクラシックなのに気が付く!

「長い事生きてしまった!」と思う。

そして、あの頃憧れだった、「コスモスポーツ、トヨタ2000」を時間を忘れて眺めていた。

IMG_6180

能登島向田の火祭

01

昨夜、能登島向田の火祭に行ってきた。

能登島に居ても「そんなに関心はなかった」のだが、今回は見に行く事にした。
僕の能登島ベースは風が無かったが、島の反対側で行われる「向田の火祭」の現地に着くと、12号の影響か、体か時々持っていかれそうな風だ。

こんな時、火祭りと疑問に思いながらも広場に向かった。

日本三大火祭りの一つで、県指定重要無形民族文化財に指定されている。

毎年7月の最終土曜日に行われるダイナミックな夏祭りだ。

伝説では越後の伊夜比古神(男神)が訪れ、伊夜比咩神(女神)と年に一度の逢瀬を楽しむお祭りだ。

男衆が伊夜比咩神社から神輿と大小7基のキリコ(奉灯)を崎山お旅所まで担ぎ出し、高さ30mもの大松明に手松明を投げつけて点火する。

大松明は火柱となって燃えさかり、燃えつきた松明の倒れた方向によってその年の豊漁、豊作を占う。

火が松明に放たれると、風にあおられて瞬く間に松明全体が燃え上がった。

逆風なのに100m離れていても、顔が熱い!

松明が倒れて、沈下しそうなので、駐車してある車まで歩いていると、500m先の山が燃えている。飛び火したのだ!

このところの乾燥、そしてこの風、そう言えば火の粉も凄かった。

山火事は、凄い勢いで広がっていった。

待機していた消防車では間に合わず、応援の消防車の音もあちらこちらから聞こえる。

火祭りより長く見ていた。

沈下しないので家路に着いたが、あれからどうなったのか!


「月の道」

IMG_6166


夜中フト目が覚める!

ベランダに出ると「月の道」、和倉温泉のビルは、夜中なので部屋の明りが消えて、ビルの形が崩れている。

ゆっくりと椅子に腰掛け、煙草を吸った。

ポチャン!「ぼら」が跳ねたようだ。

この光景をどこかで見たような気がする。

大学の資金を貯める為に、外国航路の船員をした事がある。

高校を卒業した19歳の頃だ。

静岡の田子の浦~アメリカ西海岸、カナダに近い田舎町クスベーを1ヶ月間かけて、紙の元になるチップを運搬する船だった。

大きな船で、甲板はバイクで移動し、アイアンで打っても真直ぐ飛ぶと、ゴルフボールは海には落ちなかった。

チップは、大きな掃除機のような機械で積み込むのだが、時間待ちで沖で停泊して何日か待たなければならない時があった。

その時、クスベーの町の明かりと月の道を見て、寂しさと将来の不安で震えたことがあった。

遠い昔の出来事を懐かしく思い出した。


ガムボール3000 日本




奇跡が起きた。

世界の大富豪や俳優、音楽プロデューサーといった名だたる有名人がスーパーカー/ハイパーカーに乗って公道走行する「ガムボール3000」が能登に来る!

本イベントでは、欧州を始め海外をメインに活動してきましたが、今回はイベント開催20周年を迎えるということで、ようやく日本でも開催される。

84日~12日にかけてイギリス・ロンドンを出発し、約120台のスーパーカー達がパリ近郊を通過、その後イタリアから航空機で大阪府に向けて出発(88日に関西国際空港着)し、京都府(89)から石川県・小松市の日本自動車博物館を経由して(810)和倉温泉に宿泊、そして東京都(811)に向かう。

正直今でも信じられませんが、まさか能登に海外有名人含む億超えのスーパーカー達が集まるなんて!

 


第一回能登島キャンピングトレー友の会 オフ

https://www.skypixel.com/pilot/videos/share/mavic-pro-24473622-4f54-4f4f-99cd-36b4fbb22c0e?account=kz1957
Article search
Counter and Time
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
Gallery
  • SNS
  • MotoGP  完
  • MotoGP  完
  • MotoGP  完
  • MotoGP  Ⅶ
  • MotoGP  Ⅵ
  • MotoGP  Ⅵ
  • MotoGP  Ⅴ
  • MotoGP  Ⅴ
  • MotoGP  Ⅳ
  • MotoGP  Ⅳ
  • MotoGP  Ⅲ
  • MotoGP  Ⅱ
  • MotoGP  Ⅱ
  • MotoGP  Ⅰ
  • キャンピングカーをオール電化に!
Fund-raising