心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

ぶー  その1

昔、毎日飲み歩いている頃だ。

141007131706049732
 

朝、ベットの中で、何か毛深い奴に手が触れた。

二日酔で頭が痛い!ぼーと時計を見ると7時、まだ早いと布団の中に顔をうずめた。

何かに顔を舐められた。

目をゆっくり開けると、黒い瞳が見えた。

びっくりして飛び起きると、そこにはラブラドールの子犬!

「お前は、誰!

玄関には、セメント袋のような餌3個、財布の中はからっぽ!

 

昼頃、昨夜の行ったと思われる店のママに次々と連絡を取ってみた。

真相はこうだ。

記憶にないのだが、夜中の3時過ぎに代行待ちで、遅くまで営業しているスナックに入ったらしい。カウンターの隣にブリーダーをしている人が座ったらしい。

意気投合して、その人の家に行き、子犬を買ってきたらしい。

 

このような事で、人生初めて動物を飼うことになってしまった。

 

名前を「文太」、自己所有のマンションだが、動物は禁止、一軒家に引越しをした。

会社の行っている間や、夜のみに行く時は、犬の面倒を見て貰う為に、バイトを雇った。

犬のくせに散歩が嫌い、何でも食べたがるので全てほしがる物は、食べさせた。

後で、ドックフードのみの方がいいと知ったが、既に遅く、玉葱や骨付きのキンタッキーまで食べさせてしまった。

その結果、バナナと餅以外は、全て食べた。

勿論、太って1歳には、45kになり、友達は「文太」でなく「ぶー」と呼ばれるようになってしまった。

 

続く!

御陣乗太鼓

IMG_5887

辺りが暗くなる頃になると、向かい岸の和倉温泉から、太鼓の響きが微かに流れてくる。

御陣乗太鼓である。

温泉街の御祭り広場で、観光客相手に披露されているのだろう。

御陣乗太鼓の発祥の地である石川県輪島市名舟町は、現在、世帯数約70戸、人口約250人の小さな町で、現在打ち手は20名と聞く。

1576越後の上杉謙信は、能登の名城であった七尾城を攻略して、その余勢をかって奥能登平定に駒を進め、破竹の勢いで名舟村へも押し寄せてきた。

武器らしいものがない村人達は、鍬や鎌まで持ち出して上杉勢を迎撃する準備を進めたが、あまりにも無力であることは明白であった。

しかし郷土防衛の一念に燃え立った村人達は、村の知恵者といわれる古老の指図に従い、樹の皮で仮面を作り、海藻を頭髪とし、太鼓を打ち鳴らしながら寝静まる上杉勢に夜襲をかけた。

上杉勢は思いもよらぬ陣太鼓と奇怪きわまる怪物の夜襲に驚愕し、戦わずして退散したと伝えられている。


米朝首脳会談


f73aeccb



実現するか解らないが、シンガポールで開催が予定されている史上初の米朝首脳会談612日が近づいて、両国の揺さぶりが盛んになっている。しかし、中間選挙が頭中にあるトランプは、どうも弱腰だ。

人目を引く口ひげと大胆な発言で知られる米大統領補佐官、ジョン・ボルトン(John Bolton)氏(国家安全保障担当)ボルトン氏の発表のリビア方式も目の前で否定したかと思うと、今度は「金正恩体制を保証する。」と言い切った。

このような状態で、北朝鮮問題が解決するのは難しいのかもしれない。

又も、北朝鮮の核問題で怯える日が来るのだろうか!

 

以前、考えた事がある。

能登に志賀原発があり、此処を爆撃されたらどの様に逃げようかと、能登島は志賀原発から20k、能登は孤立し船で逃げるしかないのだ。

志賀役場に風向きのアプリがあり、先日携帯で見れるように設定した。

これを見ながら、富山湾沿いに氷見、高岡と逃げれるかも知れない。勿論トレーを牽いてと考えた。その時は、友の会の皆さんにお世話になります。

「能登峨山キリシマツツジ」

kirishima

能登島の家の前にキリシマツツジを植えた。

正式の名は「能登峨山キリシマツツジ」

峨山とは、「峨山道」「峨山往来」とも称し、總持寺二祖峨山韶碩禅師が、輪島市門前町の總持寺と羽咋市酒井町にある永光寺の住職を兼ねていた暦応3年(1340年)から20余年間、往来した両寺を結ぶ13里(52km)の山道で、禅師は毎朝未明に永光寺の朝課を勤め、13里の険しい道を越えて、總持寺の朝の読経に間に合わせたと伝えられる。

この峨山道から峨山と名付けられた。

現在、能登の真ん中穴水町の上中、越渡、桂谷、 大角間の4集落で栽培された物を「 能登峨山キリシマと」呼ばれている。

調べても解らなかったが、この集落に近くに峨山道が通っているのだろう。

キリシマは、九州の霧島の事、江戸時代、京都、江戸と流れたらしい。

能登には、北前船で待ちこまれたようだが、何故能登に今も残されているかは、良く解らないらしい。

 

能登峨山 キリシマ」は、育ちが遅く 幹の直径が5cm100年の時間を要すようだ。

能登生まれの僕は、以前から能登ツツジは知っていたが凄く高価で諦めていたし、興味も無かったが、朝、新聞で「能登峨山 キリシマ」の展示販売が上中地区にあると知り出かけた。

穴水から山に入り八ヶ川ダムのサイドを抜けて、まだまだ山の中に入って行く「こんな処に人が住むのだろうか!」と思って進むと、道の両サイド、田畑のまわりに血の色をした花が無数に咲いている。これが「能登峨山キリシマツツジ」か!

花にお金などかけた事無かったが、30年物を購入した。

 


金沢  2片町界隈

f91a49a87ea0b6f23bf8734213da9df3_l


ひがし茶屋街の裏には、卯辰山があり僕のもう1つの散歩コースでもある。

金沢の建築物は、この山より高く出来ない規則があります。

浅野川大橋を渡り、主計町茶屋街を左に見て進むと、直進は兼六園左に折れると金沢の台所近江町がある。

近江町を右に折れて直進すると香林坊、そして片町がある。

片町のスクランブル交差点を中心に何百と店がある。

若い頃は、毎日此処へ飲みに出た。

スクランブル交差点を颯爽と横切り、クラブ回りをすると、大物のなったような気がしたものです。

バイクで日本一周をした時、他県の繁華街で店を選ぶ時、90%の確率で失敗しなかった。

これも若い時、片町で毎日飲んだ経験が役に立ったのだろう。

しかし、最近は様子が変わり、新幹線効果で金沢駅前に店が多くなった。

と言ってもまだまだ片町は、夜になると何処と無く人が湧いてきます。

Article search
Counter and Time
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
Gallery
  • 優勝おめでとう!
  • 夕まずめ
  • 七尾石崎奉燈祭2018
  • GUMBALL 3000 JAPAN  IN  加賀屋
  • 「べにや」
  • 「BLUEBIRD SSS 1800」
  • 「BLUEBIRD SSS 1800」
  • 能登島向田の火祭
  • 「月の道」
  • ガムボール3000 日本
  • 梶田家の日本の楽しみ方MOVIE 第一弾!
  • 憂歌団
  • ぶー  その4
  • ドラム
  • ドラム
  • ぶー  その3
Fund-raising