心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

火星は住めるか!

現在、移住可能とされる惑星は、それは火星です。


地球の約半分、一日は地球より少し長い24時間40分、エベレストの三倍の山オリンポスや、赤道付近の深さ9000mものマリネオス大峡谷などがあり、この辺りの気温は昼15ですが、夜になると-100と下がります。
img_ace174f820a8e7dc92eff1d31bfb3435197667一面赤茶けた大地で夕日だけが大気のチリが作用し青色に染まるそうです。
このような惑星に僕達人間は住めるのでしょうか!
1969
720日、月に人類が下り立ってから40年が経っています。
月は5日間で行けますが、火星に行くには180日間かかります。
火星まで4億kの遥かな旅に人間は果たして耐えられるのでしょうか、人間は無重力の中でそれだけ長い時間生活できるのか、そして精神的に狭い空間で生活できるのかが疑問です。
それとコストです。現在1kgを火星に運ぶのに11千万円の費用がかかります。
一番の重量は燃料です。シャトルの真ん中の燃料タンクは全体の95%にもなります。

この二つの問題は実は現在解決されつつあります。
無重力のための体力の低下を運動で解決し、野菜を育てることで精神を安定させるのです。
燃料の重量の問題は、帰りの燃料を火星の二酸化炭素から作り出すことに成功したのです。

2018
511日火星へ有人探査機を打ち上げる計画があります。
2018
1118日アポロの月から50年、人類は火星に下り立つのです。
そして571日間の探査をします。

火星には生物は本当にいるのでしょうか!そして水はあるのでしょうか!
楽しみです。

赤茶けた-60の不毛の星、火星で人類は住むことができるのだろうか!
100
年後には90億人にもなるという地球、温暖化、食料問題、違う惑星への移住は避けては通れない道なのです。

f2b1afb0-4058-0133-8ead-0e17bac22e39火星に到達した人類は、改造し地球と同じ様な環境を作り上げます。
温室効果ガスを放出して温度を上げ、地下に眠る水を表面に戻し、川や海を蘇らせるのです。このことをテラフォーミングと言います。
温室効果ガスを放出し、50年で20
温度を上げます。そうすると火星にある変化が起きます。先ずは火星の南極にあるドライアイスが解けます。
ドライアイスは二酸化炭素が凍りついたものです。日本の面積の48倍もあると言われるドライアイスは温室効果ガスとなり火星を包みます。
そうして40年くらいで自然と地球の温度くらいになります。
火星の温度が上がると、火星の永久凍土が溶け出し火星の表面に水が戻ってくるのです。表面に水が戻ると雲ができます。雲が出来ると雨が降ります。
雨は赤茶けたチリを洗い流し、地球のような青く川や海がある星になるのです。

今世紀の終わりには10万人以上の人が火星に移住していると思われます。
解らないことも多くあります。
火星は地球の3分の1の重力です。この重力の中で暮せば人類は何世代もの間に大きな変化をしてしまうのでないかと想像されます。

夜空に浮かぶ地球を眺めている、火星に移住した僕達の子孫は新たな進化をし、僕達と違う姿形をしているかもしれません。

地球の危機  Ⅲ

本ブログで投稿した「宇宙の最後」では、ビックフリーズが起きて宇宙は最後になるのではと解いたが、今はビッグリップが起きるのではと考えるようになった。

ビックフリーズとは、現在の宇宙では恒星が死んでも、飛び散ったガスからまた新しく天体が作られています。
しかし星のガスが全てリサイクルされるのではなく、一部は白色矮星や中性子星、ブラックホールに固定されます。
長い時間が経過すると星を作る材料が無くなっていき、また全ての恒星が寿命を終え、100兆年後には恒星が無くなり、宇宙は闇に閉ざされます。
その後、全ての天体はブラックホールに吸収されていきます。
宇宙はブラックホールしか存在しない世界となります。そのブラックホールも最後には消えます。
20070906002023

ビッグリップとは、リップの意味は引き裂くと言う事です。
2005
年に発表されたこの説は、宇宙の膨張を果てしなく加速している事が、永遠に継続しないという考えです。
銀河と銀河の離れる速度を計測すると、326万光年離れるごとに秒速70.1kmずつ速くなっているのです。
さらに加速すると銀河をまとめている重力が膨張に負け、銀河も太陽系もバラバラに引き裂かれます。
500
億年後このビッグリップ起きるのではと予想されています。

100
兆年後か500億年後か、どちらにしても宇宙には終結があるのです。

                               完

 

地球の危機 Ⅱ

その2太陽
僕達の住んでいる地球は太陽系の中にあり、その中心は太陽である。
地球の生命体は、太陽が無かったら存在はありえなかった。
46
億年前に誕生した太陽の直径は約140km。地球の約109倍もあり、地球のまわりを回る月の軌道がすっぽり入る大きさだ。
質量は地球の33万倍、体積は130万倍、表面の温度が約6,000
、中心部では1,500である。
この太陽の中心核では熱核融合により水素原子4個がヘリウム原子1個に変換されるために圧力が僅かに下がり、それを補うために中心部は収縮し、温度が上がる。
その結果核融合反応の効率が上昇し、明るさを増していく。45億年前から現在までに30%ほど明るさを増してきたとされている。
このように太陽も日々変化している。

sol17太陽の命は150億年と推測されていが、63億年後には中心核で燃料となる水素が消費し尽くされ、中心核ではなくその周囲で水素の核融合が始まるとされる。
その結果、重力により収縮しようとする力と核融合反応により膨張しようとする力のバランスが崩れ、太陽は膨張を開始して赤色巨星の段階に入る。
外層は現在の200倍程度にまで膨張し、この時点で水星と金星は太陽に飲み込まれ、消滅しているだろう。
太陽は超新星爆発を起こすのに十分なほど質量が大きくない。
地球は太陽の膨張により、外に押しやられる働きもあり飲み込まれ事は免れるが、60億年後地球の海は蒸発して無くなり、地球誕生時のように表面は高温なマグマの世界になり、生命は存在できなくなる。

地球の危機 Ⅰ

現在、地球は人間という動物によって痛めつめられている。
地球の肺である森林の伐採、海を汚染し、空気中には二酸化炭素を放出しつづけている。
弱りきった地球を、パンチを打たれるように他の危機も迫っている。
今夜から3回シリーズで投稿したい!

 

 825e4940-s









その1「小惑星」

恐竜時代が終結を向えたのは、地球に小惑星が衝突した事が原因とされている。
しかし、小惑星が衝突しなければ、恐竜が眠っている間足元をウロウロしていた人間の祖先が発展することはなかっただろう。
この小惑星が今正に人間を絶滅しょうとしている。
2004
6月、仮符号2004 MN4 現在小惑星番号99942「アポフィス」が発見された。
太陽系には何億と言う小惑星がダンダムに起動を描き、時には地球に急接近している。
「アポフィス」は2029年接近時に1個または複数の人工衛星と衝突する可能性があり、それによって次の接近時に地球と衝突する確率が上昇すると、2008415日、ドイツの13歳の少年が算出した。
その計算ではアポフィスが地球に衝突する確率は450分の1で、ヨーロッパ宇宙機関 (ESA) は少年の計算が正しいと認めている。
次の接近時とは2036年である。
この小惑星が衝突した場合のエネルギーは、TNT火薬880Mt相当とされている。
地球上の原子爆弾を全て集めてもこの規模にはならない。
実際にどのような影響が出るかは、小惑星の構成成分、衝突する地点や角度により異なるが、大きな被害が出るのは間違いないだろう。

宇宙の最後

o0800056411526081875















ビックバンで生まれた宇宙、今も膨張が加速している宇宙の運命はどうなるのか!
将来、宇宙、銀河系、太陽系、地球はどうなるのか!
今その未来が科学の力で予測できるようになったのです。

真空のエネルギーで膨張が加速している宇宙は、銀河と銀河が離れていきます。
僕達の住む銀河も大海の小島のように孤立します。
太陽系はどうなるのか!
太陽系の中心の太陽はどうなるのか!
僕達の生命の源でもある太陽にも終焉があります。
10
億年後太陽に変化が起きます。太陽は膨張を始めます。
20
億年後地球の海は干上がってしまいます。おそらく地球に生命は住めない状態になるでしょう。大地は溶け出し、空は大部分が太陽しか見えません。地球は現在の金星のような星となるでしょう。
65
億年後太陽の面積は100倍を超え、水星は太陽に飲み込まれてしまいます。
70
億年後太陽は地球ほどの星、白色矮星(はくしょくわいせい)となります。
そしてその後崩壊していきます。
太陽より質力の大きい星は爆発を起こしブラックホールとなります。
ブラックホールも自然と消えて、宇宙は何も無い闇の世界となります。
これが終わりなのか、終わりでないかよく解りませんが・・・・・・・。
僕達は今一番良い時代に生きているのかもしれません。

 

Article search
Counter and Time
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Gallery
  • 道の駅ランキング 2017
  • 台風18号
  • 旅の宿
  • 能登のキリコ祭り
  • 能登のキリコ祭り
  • 西海祭り
  • 西海祭り
  • ペルセウス座流星群
  • 能登島
  • 能登島
  • 石崎奉燈祭
  • 石崎奉燈祭
  • スケーリーフット
  • 和倉温泉花火大会
  • 僕達は孤独なのか!
  • きぼう
Fund-raising