心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

スケーリーフット

ee973b62先日韓国の友達が金沢に来ていた時、進化の話になった時、「人間が猿からなんてありえない」と言っていた。韓国でも最高の教育を受けた彼が進化論を信じていないのだ。
クリスチャンの彼は、人間は神が創ったと言う。
進化について一度このブログでも記事にしたことがあるが、その時彼には説明しなかったが、2001年に世界で初めてインド洋の深海にて採集・学術発表され、硫化鉄の鱗を鎧のように身にまとった巻貝として世界中で話題になった、スケーリーフット〔鱗のある足(をもつ巻貝)〕と呼ばれる「ウロコフネタマガイ」を思い出した。

今日はこのスケーリーフットを紹介しょう。
太陽の光も届かない暗黒の海底の世界。その海底の中でも、高圧のために300度以上にもなる高水温と、毒ガスまでも吹き出す深海の熱噴出口。この過酷と思える環境でスケーリーフットは発見された。
この貝は世界の海の中でもこの地点でしか見つけられていない、鱗は鉄とイオウを原材料とする硫化鉄でできていて、磁石にも反応する。
普通の巻貝は襲われると殻の中にすっぽりと入って身を隠し、蓋を閉めてしまいますが、この貝には蓋が無く、危険を察知しても貝の中に入らずに鱗のある足をすぼめて、鱗を外側に向けて身を守る。
2006
2月にも有人潜水調査船「しんかい6500」で、インド洋ロドリゲス三重点の水深2,422mの熱水噴出域にて採集された。
このスケーリーフットのウロコは、殻の下にあって体の柔らかい部分を覆っている。
ウロコの外側は人の歯の2倍の硬さを持つ硫化鉄、内側は炭酸カルシウムやタンパク質などでできている。この硬さと柔軟さを持ち、動かすこともできるウロコは優れた防御機能を持ち、カニなどの外敵から殻に入らなくても身を守ることができる。スケーリーフットには、硫化水素から硫黄を取り出す細菌を体内に共生させている器官があり、そこで細菌が作る硫黄と、熱水中の鉄分と反応させて硫化鉄を作り出していると推測されている。

生き物の多くは硬いものを作り出す能力が備わっている。人間も骨や歯を作るし、亀は甲羅を持っている。貝も殻を作り、アコヤガイなどは真珠も作る。ヒザラガイという海岸のくぼみに張り付いている貝は、岩の表面を削り取るようにして食事をするという必要上、歯のカルシウム系の土台の先端に磁鉄鉱を装着している。しかし、スケーリーフットほど大がかりに鉄を利用している生物は、現在のところ他にはない。
人間もこの能力があったらと思うと楽しくなる。これも普通の貝が進化したのではないだろうか!

和倉温泉花火大会

能登和倉温泉は、一度は耳にした事があるだろう。

プロが選ぶ温泉旅館で、30年間1位だった加賀屋旅館がある和倉温泉だ。

昨夜は、この和倉温泉の花火大会!

対岸の能登島から見るのが最高だと思う。

1

僕達は孤独なのか!

この広い宇宙の中で、僕達の住んでいる地球のような星は一つだけなのだろうか!
あるとするならそこには知的生命体はいるのだろうか!

090115Galaxymap3現在60余りの太陽系のような物が見つかっていますが、光を発せない惑星を見つけることは非常に困難です。
僕達の太陽系の太陽は、木星や土星に引張られて少し揺れ動いています。
木星によって太陽は12年周期で揺れているのです。
揺れ動いている星を探せば、惑星を持っているはずです。
科学者達は過去20年くらい揺れ動く星を探してきましたが、見つけることは出来ませんでした。
しかし偶然に1998年地球から50光年離れている、ペガサス座51番星が4.2日周期で揺れ動いているのを確認したのです。
今まで太陽系の常識で何十年と考えられていたのですが、短い周期揺れるものを探すと幾つもそのような星が見つかったのです。
確かに周期は短いですが、惑星を持った星を見つけたのです。

このように惑星を持っていると思われる星には、地球のような惑星はあるのでしょうか!


揺れ動く星には衛星がある。
ではどのような衛星があるか調べるにはどうするか!
もし揺れ動く光る星を衛星が横切った時、光度はすこし落ちるはずです。
それで調べた結果、僕達の太陽系とは全く異なる姿をしていたのです。
ペガサス座51番星の惑星は、木星の1.6倍もあり、太陽に近いため自転は出来ず、灼熱の水素の塊でした。
又、HD222582と呼ばれる星は、その揺れ方から不安定な楕円の軌道を描く他の惑星を持っていると推測されたのです。
太陽系が出来る時、チリが衝突を起こしながら惑星は形成されていきます。
このチリの量が惑星の出来方に関係しているようです。
チリが多いと木星のような大きい惑星が2つ以上できます。
そうするとお互いが引っ張り合い地球のような位置に出来た惑星は、大きな惑星や太陽に衝突してしまいます。
そうして、ペガサス座51番星のような姿になります。
少ないとHD222582のように小さな惑星が楕円を描いた、彗星の軌道のようになります。
太陽系が出来たのは、チリやガスが偶然にも適量だったのです。
僕達の太陽系は、大きなガスの星、木星と土星を抱えたバラスの良く出来上がったのです。
木星は地球の盾となり、彗星から守っています。
木星が無ければ、6万年に一度恐竜が絶滅したような衝突が起きると考えられます。
そうすると生命の進化も無く、地球は微生物だけの星になったでしょう。
木星のような惑星を探せば地球のような惑星が見つかるかもしれません。

太陽系の惑星の数、性質、太陽からの位置、僕達の太陽系は数多くの幸運に恵まれたのです。
そのような太陽系は銀河系に無くは無いでしょうが、小数でしょう。
銀河系には200億の星があります。きっと地球のような星はあると信じたいです。

きぼう


sp-31-20国際宇宙ステーションで日本が担当する部分は、「きぼう」日本実験棟です。
日本が初めてつくった有人施設の「きぼう」は、船内実験室、船外実験プラットフォーム、船内保管室、船外パレット、ロボットアームから構成されています。
いちばん大きいのは船内実験室で、長さ11.2m、質量15.9t、最大4名の宇宙飛行士が活動することができます。さまざまな装置を備えた23個のラックが設置可能で、材料実験や生命科学の実験が行われています。
船外実験プラットフォームは、実験装置を宇宙空間に直接さらして実験を行うことができる場所です。真空で微小重力の環境を利用し、材料実験、地球や天体の観測、宇宙環境の計測、通信実験などが行われます。国際宇宙ステーションでは、宇宙空間に直接さらされた環境を利用して実験できるところはここだけなので、日本の「きぼう」には大きな期待がよせられています。
ISS_3このほか「船外実験プラットフォーム」と船内実験室を結び、気圧を調節しながら実験装置や材料を出し入れするエアロックや、宇宙飛行士にかわって作業を行うロボットアーム、資材を保管する船内保管室などがあります。国際宇宙ステーションの実験モジュールのうち、専用の保管室を持っているのは「きぼう」だけです。
船内実験室と船内保管室は地上と同じ1気圧が保たれ、温度・湿度とも快適で、普段着で作業することができます。
ここで若田光一さんが長期滞在中なのです。

能登は、祭りシーズン

宇出津あばれ祭りを皮切りに能登の祭りが始まった。

8月に入ると、先ずは3日和倉温泉の花火、大迫力の和倉名物3尺玉。空中で1発、水上で1発の計2発が打ち上げられ、直径600mに花開く大輪は必見だ。

今年は、能登島の家から見られる。

5日は石崎奉燈祭、生きて動ける間は必ず見に行こうと決めている。

例年は、和倉温泉に宿泊して見に行くのだが、今年は家から15分だ!

Article search
Counter and Time
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
Gallery
  • 母は、あの空から見守ってくれている。
  • 初7日
  • 母へ
  • “ころ柿”
  • “ころ柿”
  • 能登島 野生イルカ
  • 地震
  • 牡蠣
  • 元気が出る曲!
  • 誕生日はA5
  • 謹賀新年
  • 香箱と宗玄!
  • 初雪
  • 能登島の海
  • 能登島の海
  • 「せっぷんとんねる」
Fund-raising