心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

ピリ・レイスの地図 Ⅱ

ピリ・レイスの地図の外にも古代の地図が発見されていた。
ピリ・レイスの生きていた時代よりさらに約200年前の1339年のダルサートのポルトラノと呼ばれる地図はヨーロッパ、地中海を正確に描き、アイルランドからドン川に至るまでの精度は16世紀になっても誰も知らなかった知識をもとに描かれていた。
そのポルトラノの作成者達は、あの消え失せた世界最初の大図書館、アレクサンドリア図書館に保管されていた地図やマケドニヤのアレクサンダー時代の地図を模写したと書き残している。
このことはピリ・レイスの地図も同様だった。
2,200
年も前、地球の全周を数パーセントの誤差で測定したエラトステネスはアレクサンドリア図書館の館長だった。技術的天才だったアルキメデス、「自動機械」という本を書いたヘロン、知識は心臓ではなく脳に宿っていることを明らかにしたヘロフィロス、幾何学を体系化したユークリッド、星座図を作ったヒッパルコスも、皆この図書館の常連だった。

26397f8dアレクサンドリア図書館ここが原点なのだ。
アレクサンドリア図書館、その70万冊ともいわれた蔵書の中に、古地図の原図があったのだ。
これら一連の古地図が物語っていることは、かつて、超古代とよばれる非常に古い時代に、全世界に及ぶ大文明が存在し、地図作成者たちが統一された技術水準をもって、同一の方法で、同程度の数学知識を持って、おそらくは同じ器具類を用いて全世界の地図を作成したのではないだろうか。
氷河期に宇宙空間を飛行出来るような高度に発達した文明が地球のどこかで繁栄していたが衰退し、その英知の一部がシュメールへと受け継がれ、やがてアレクサンドリア図書館に辿り着いた。
その古地図の原図のコピーを入手しピリ・レイスの地図を描いたのだ。
最古の文明といわれているシュメールは謎の多い文明といわれている。この文明は、現在の文明のすべての基礎をもっていた。神殿の建築技術、船や車輪による輸送手段から芸術的な衣類、装飾品、調理法、法律、裁判制度、音楽、楽器などあらゆるものが揃った文明だったのだ。
そして、奇妙なことにそれに続く他の文明(バビロニア、エジプト、ローマ、インダスなど)より進化していた。
後の文明より前の文明が進化していたとは、変な話しであって、シュメール以前に現代より進化した文明があったとしか考えられない。
僕達の文明は5000年くらいでここまでなったのだから、5000年という年月で現代より優れた文明があったのかもしれない。
その一部がアレクサンドリア図書館に残されていたのだ。
後は核戦争のような物が起きて跡形も無く消えてしまったのかも知れない。
マヤ文明では5000年が一区切りとされ、西暦2015年で破滅がくると予言されている。
地球を痛めつけている僕達も一度消えて、又猿から進化する道を辿るのかもしれない。

ピリ・レイスの地図 Ⅰ

1929年、かつてトルコの首都であったコンスタンチノープル(現イスタンブール)のトプカプ宮殿内部から不思議な地図が発見された。
地図はアフリカ・カモシカの皮に記された断片二枚で、1528年の日付けもあり、ピリ・イブン・ハジ・メメッドの署名があった。
ピリ・レイス(レイスは船長という意味)の地図とよばれるこの地図には我々が学んできた歴史ではつじつまが合わない2つの大きな謎がある。



1
、 その時代発見されていないはずの南極大陸、そして紀元前13000年から紀元前4000年の間の南極に氷が無い時代で海面が現在よりも低い時代の地形を描いている事。
2
、 高度26,000kmというスペースシャトルの8倍以上の高度から見たのと同じ縮尺の地図だという事。

9ae89432南極大陸が始めて発見されたのは約180年前の1818年、トルコの海賊達が活躍していた500年前はまだ南極大陸の存在すら知られていなかったのにと思っていると、尚も不思議な事が発見された。
地図の付記に「コピー」と書き残こされていた。
コピーということはもっと前に参考にされた地図があるということになる。
彼がこの地図の制作にあたって約2,000年前の「マッパ・ムンディス」と呼ばれるアレキサンダー大王の時代の「人間が住むあらゆる世界が示された地図」を参考にしたと書き残している。 太古に描かれた地図がコピーをくり返して出来上がったのがピリ・レイスの地図なのだ。

地質学上の証拠にしたがうと、南極大陸に氷が無い時代は紀元前13000年から紀元前4000年の間(今から15000年前~6000年前の間)となる。
1
万数千年前の時代は、ラスコーの洞窟にウシなどの動物が描かれていた時代で人類は原始的な生活をしていたはずだ。
最古の文明といわれているシュメールよりさらに1万年前である。
文明が無いと言われてきた時代にスペースシャトルの8倍以上の高さから見た地形をどうやって描いたのか謎がますます深まる。

次回はこの謎を解こう!

ヘッジスの水晶ドクロ Ⅲ

水晶ドクロは一体どこで手に入れたのだろうか?

89625330実は、1943年、シドニー・バーニーという美術商が、問題の水晶ドクロをロンドンのサザビーズに競売に出したが、希望していた価格では売れなかったので、自己落札して買い戻し、1944年にミッチェル・ヘッジスが400ポンドで水晶ドクロを買い取った。
このことはロンドン美術館の記録にも残っており、アンナ自身も認めているが、借金のカタに水晶ドクロを取られてしまい、競売に出たので慌てて買い戻した、との事。

しかし1936年に、大富豪だったミッチェル・ヘッジスの父親が死んで、莫大な財産を彼が譲り受けている。
借金する必要もないし、借金のカタというのは考えられない。

では、ヘッジスの水晶ドクロは何時頃何所で作られたものなのだろうか!





伝説の13個のドクロのうちの1つと言われている、「ブリティッシュ・スカル」が現在イギリスの大英博物館に所蔵されている。

このブリティッシュ・スカルの持ち主はユージン・ボバンという古美術収集家で、彼は1886年にドクロをニューヨークのオークションに出した。
その年の12月、ニューヨークの宝石店「ティファニー」の共同経営者だった、エリスという人物がドクロを買い取った。その後、「ティファニー」からジョン・エヴァンズがドクロ買い取り、それを大英博物館に売ったという。

ユージン・ボバンが水晶を入手した先は、ドイツのイーダル・オーベルシュタインという町だ。この町は中世以来、世界的に知られた石細工の中心地で、多くの水晶加工職人がいるのだ。
水晶ドクロを作るには、現代の技術をもってしても不可能だと言われているが、この町ではもっと精巧な水晶ドクロが今でも作られ、街の片隅で普通に売られているらしい。

1996
年に大英博物館で行われた調査で、ブリティッシュ・スカルは19世紀以降に作られたという分析結果が出た。
ヘッジスの水晶ドクロも19世紀この街のどこかで作られたのではないだろうか!
最近、ヘッジスの水晶ドクロの下顎の部分に金属加工の跡も見つかっている。

アンナ・ミッチェル・ヘッジスはロマンと想像力の逞しい女性だったんだろう。只、少し嘘つきだった。
ヘッジスの水晶ドクロは、僕のオーパーツのリストから外そう!

次回は、「
ピリ・レイスの地図


 

ヘッジスの水晶ドクロ Ⅱ

オーパーツとされるヘッジスの水晶ドクロは、調べていくと何故か怪しいところが多くでてくる。
先ず、発見当時アンナはルバアンタンにいなかったのではという疑問がある。

05a1
、ヘッジス一行が探検の際に撮った写真がいくつも残っているのだが、その中にアンナが写っている写真が一枚もない。
2
、大発見であるはずの水晶ドクロの写真も一枚もない。
3
、探検の主要メンバーのひとりであったトーマス・ガン博士が、1931年に『マヤの歴史』という本を出版しているが、その中にアンナ・ミッチェル・ヘッジスの名前はもちろん、水晶ドクロに関する記述も一切ない。
4
、ルバアンタンで発掘調査を行い、この遺跡の全貌を解説した本を出版したノーマン・ハモンド博士も、「あらゆる文書記録を見るかぎり、歴然としているのですが、彼女がルバアンタン現地に行ったというのは絶対にありえないことなのです」と言い切っている。
5
、アンナが水晶ドクロを発見したのは1927年、自分の17歳の誕生日の当日だと語っているが、ヘッジス一行は1926年にイギリスに帰国している。


アンナ・ミッチェル・ヘッジスは発見現場ルバアンタンにいなかったのだ。
その場にいないのに発見できるわけが無い!
しかし、水晶ドクロが実在していることは確かである。

では、ルバアンタンで発見していないとすれば、水晶ドクロは一体どこで手に入れたのだろうか?

ヘッジスの水晶ドクロ Ⅰ

img_f122d52205690daa8e268fe0a52b731f1214291927年、探検家のフレデリック・アルバート・ミッチェル・ヘッジスと養女のアンナは、マヤ文明の遺跡を発掘していた。
アンナの17歳の誕生日、ルバアンタンという滅び去った町の廃墟にあった祭壇の下で、何か光り輝くものが埋まっているのをアンナが発見した。掘り起こしてみると、それは水晶で作られた人間の頭蓋骨だった。
水晶でできた非常にリアルな人間の頭蓋骨で、発見者の名前をとってヘッジスの水晶ドクロ(ヘッジス・スカル)と呼ばれている。
大きさは重さ約5k、高さと幅は125cm、長さが175cmで女性の頭蓋骨と推測されている。




7b5ce30dモンタージュを作成したところ、鼻の部分が比較的大きく下顎が丸みを帯びた人物、つまり古代マヤ人に似ていることがわかった。











しかし、このヘッジスの水晶ドクロには2つの謎がある。


1
、マヤ文明の遺跡から出土した工具は、石器や動物の骨から作られたものしか発見されておらず、水晶は、ダイヤモンド・ルビー・サファイヤ・トパーズに続いて硬く、石器製の工具での加工は難しい。人の手で砂と石で研磨したとしたら、150年から300年かかると予想され、当時の技術でドクロを作ったとは考えられない事。

2
、この水晶ドクロは解剖学的に見てかなり正確に人間の頭蓋骨を再現しており下顎も取り外し出来るようになっている。
水晶ドクロのすごい点は型の正確さだけでなくドクロの下から光をあてると、ドクロ全体が炎に包まれているように光ったり水晶が虹のように光を放ったり、目の部分が発光したりするというプリズム効果も考えられている点で他にも文字を書いた紙をドクロの下に置くと眼球部分から文字が読める、真上から覗くと下の文字が拡大されて見えるという。
これは水晶だから起きる現象ではなく水晶のプリズム効果・屈折率の知識がないと産み出せない技術だという。水晶の光の屈折率は複雑で、現在の技術を用いてもこれと同じ物を作るのは不可能に近いという事。

古代マヤ人たちは、このドクロに不思議な力が秘められていると信じ、儀式の際、神官が神の
聞くためや病気の治療に使用されたという。伝説の一説では「水晶ドクロは全部で13個あり、
全てが再び一ヶ所に集結した時、宇宙の謎が暴かれ人類を救う」とされている。そして実際、別の7個の水晶ドクロが発見されているのだ。
今世紀に入り幾度も年代測定を行ったが、作った年代を確定することはできなかったのである。
ますます謎が深まるばかりである。

次回この謎を解いてみよう!

Article search
Counter and Time
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
Gallery
  • 母は、あの空から見守ってくれている。
  • 初7日
  • 母へ
  • “ころ柿”
  • “ころ柿”
  • 能登島 野生イルカ
  • 地震
  • 牡蠣
  • 元気が出る曲!
  • 誕生日はA5
  • 謹賀新年
  • 香箱と宗玄!
  • 初雪
  • 能登島の海
  • 能登島の海
  • 「せっぷんとんねる」
Fund-raising