心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

風になって「中国・四国編」Part Ⅰ動画

1日目 「バイクで行こう!中国・四国編」 6号

「バイクで行こう!」第3弾2015 四国・中国編

 

typhoon_1506-large台風6号は、12日四国をかすめて行きそうだ。
12日はその影響で、北陸、近畿も雨模様!
バイクツーリング四国・中国は、やはり中止にすべきだろうか!
「いや!12日を乗り越せば、きっと天気は回復するだろう。」という事で、111日前に出発して、明石大橋辺りに泊まり、台風の様子を見て四国に渡ることにした。

今回、台風が来るのにツーリングを強行したのは、ホテルの予約を全て手配していた。

昨年、九州はある程度予約したが、途中、雨でレンターカーに乗る破目になってしまった。

北海道は、反省して全くホテルの手配をしなかったが、一日のホテル予約にかなりの時間を費やしてしまった。

今回、四国、中国地区は、多少雨に打たれるのは覚悟して、天気が崩れたら近道を考えた。

一日目高松に泊まる予定だが、雨天の場合高速で次の高知に入るとか、松山から広島は雨天の場合船を使うといった案配だ。

金沢を正午に出発!
しかし、初日から予定を1日早める事までは想定外であった。
神戸までは、予報もはずれて空は重く風が強い。

バイク250k、僕の体重と荷物、優に300kを超えているのに風で、バイクは一瞬でワープする。

5時頃、予定の神戸、宿泊ホテル舞子ビラに到着。

IMG_1665さてさて、今回どのような旅になるだろう!

「バイクでの長距離ツーリングは、歳の事もあり今年が最後かも知れない」と思いながら、ホテルの窓から、明日四国へと渡るライトアップされた明石大橋を眺めている。





「えー、7号も発生した!本当かよ!」

 


 

赤影塾 まとめ




dae4e387-s















まとめ

時ある事に色々な法則を社員に話している。
相談を受けた時、「何々の法則だね!」と答える。
人は悩んだり、行き詰まっている時は余裕がない。
一種のうつ病状態で、その時はあまり何を言っても解決しないが、法則の話をすると、その法則を聞いた冷静な時に戻るようだ。
「あの話を聞いた時は、こんな状態できなかった!」と先ずは気づく事が重要だ。
平常な状態になり、効率よく分析し、解決策を考える。
さー皆!頑張ろう!
人生は考え方次第で幸せになれるぞ!


変な名前を付けたのは、難しい名前を付けるより憶えてもらうと思ったからだが、それは正解だったと思う。



今回紹介したものは一部ですが、少しでも皆さんの役になったなら幸せです。
1回赤影塾 長い間読んでいただいで有難うございます。
                            完

赤影塾 9、アヒルの子法則 その2

9、アヒルの子法則

おじいさんは3ヶ月で、ラインを改造し3人の削減をした。
年間700万円のプレゼントを貰ったようなもの、それから正社員で4年間、効率や生産管理での貢献の実績は凄いものだった。
幹部には「おじいさんの言う事は、僕だと思え!」と指示したものだ。
いつでも出社して、いつでも退社しても言いというのに、朝は早く出社し社員と食堂で交流が楽しそうだった。飲み会にも誘いがあるようで、嬉しいそうなおじいさんを見ているのが幸だった。

入社して4年目の冬、自転車で通勤していて事故で亡くなってしまった。
天涯孤独だったおじいさんを社葬で、会社全員で送ってあげた。

あの時、気まぐれでおじいさんを採用してしまったが、僕は才能のある人を何人も逃しているのかもしれないと、葬儀の時思った。

今でも食堂に飾られている、おじいさんの写真、新入社員は「会長のおとうさん?」と尋ねられた時、僕は「アヒルの子法則」とおじいさんの話をしてあげる。






ID00000018product_img


















次回で赤影塾は終了します。


                                                                                                     赤影塾 まとめ

赤影塾 9、アヒルの子法則 その1

9、アヒルの子法則

07アンデルセンの「醜いアヒルの子」の童話は皆さん御存知だろう!
この「アヒルの子法則」は、この物語から引用している。

皆さんも推測できると思うが、第一印象で人を判断しない!とか、誰でもその人なりの能力があるのでは、とかいう法則である。

この法則ができた時の経緯がある。
前の夜、クラブで良い事があり出社した僕は機嫌が良かった。
会議室を覗くと、総務の課長が汚らしいおじいさんと話をしていた。
課長を呼び「誰!」と尋ねると、「面接に来たのですが、72歳ですし、断っていたところです。」と言う。機嫌が良かった僕は、好奇心で話を聞くことにした。
昔、開発の会社を経営していて、今は子供いなく、連れ合いも亡くなり、一人で生活しているが、何か役に立てればと面接に来たらしい!
「何が出来ますか!」と問うと「ラインを改造し、人の削減をし、生産効率を上げれます。」と返ってきた。
その当時ビデオデッキの生産をベルトで流れ作業していて、社員600名だった。
「そうですか!3ヶ月様子を見ますので1人でも削減してください。その時点で正式に採用しましょう。」そう言っておじいさんを臨時に採用した。

つづく!


赤影塾 9、アヒルの子法則 その2

Article search
Counter and Time
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Gallery
  • 今年も最高!橘Sing Sing Sing
  • 「天動説」と「地動説」
  • 「天動説」と「地動説」
  • 星座
  • 冷凍保存
  • 宇宙旅行
  • レペノマムス  2
  • レペノマムス
  • 火星は住めるか!
  • 火星は住めるか!
  • 地球の危機  Ⅲ
  • 地球の危機 Ⅱ
  • 地球の危機  Ⅰ
  • 宇宙の最後
  • 30、外れた存在
  • 29、農耕
Fund-raising