心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

風になって「浅間・軽井沢・ビーナスライン編」 動画

Out Of Place Artifacts

まえおき
新たにカテゴリーに加えた、オーパーツとは"Out Of Place Artifacts"の略で、日本語では「場違いな遺物」「時代錯誤遺物」の意。
発掘された遺跡や遺物が、その当時では考えられないほど高度な技術が使ってあるものや
ありえない物、又は、近代において発見された知識が、何百年も前の遺物に書かれていたものなどです。

いままで、人類の文明の始まりは世界4大文明(エジプト文明、黄河文明、インダス文明、メソポタミア文明)だと考えられていました。
しかし、この定説そのものがすでに疑問視されてきています。なぜかというとこの常識を疑うに足る証拠が近年、続々と発見されてきているからです。
公式測定された年代当時の科学技術をはるかに超えたオーパーツは現在の歴史学では説明できないのです。この世界のミステリーを次回から一緒に楽しみましょう。

9ae8943289625330

邪馬台国 完

本来の課題の「邪馬台国はどこにあったのか!」に戻りたいと思います。
その前に!
Posted by
いちろう May 10, 2009 18:24
昔、「邪馬台国=白山王国」説というのを読んで、すごくワクワクした覚えがあります。
なんたって、白山王国って、霊峰白山のお膝元、石川県にあったってことだからね~。

石川も候補にあったのですね!
このように色々な土地が候補に上がっていますが、やはり九州説と畿内説に絞りたいと思います。


697a17d9-s志賀島から地図のように4つの方向が考えられます。
島根や鳥取の方向や沖縄は、僕の常識的な感覚で却下、後は九州か畿内と言うことになります。
魏志倭人伝は当てにならないですが、距離と時間は同じでないと考えます。
水路は風や潮の流れで時間は違ってきますし、陸も平坦な所と山などで違うと思います。
12000
里も合っているし、志賀島から水行30日、陸行30日も正しいのではと考えると、鹿児島を大きく回ったのではないでしょうか!玄海灘は潮の関係で通れなかったのではないでしょうか!邪馬台国は、現在の九州の大分か、福岡辺りの険しい山を越えないと行けなかった山の中と考えます。佐賀も有力だと思います。
佐賀県の人は佐賀にあったと信じている人が多く、神崎駅前に卑弥呼の像があります。。

敵対していた狗奴国は、熊本か鹿児島よりの宮崎だったのではないでしょうか!

Posted by
Take May 14, 2009 00:24
その100年間で東還した、と僕は思っています。
同時に、政治の主流が呪術から武力に変化した100年ではなかったかと。

このtakeさんの考えは賛同します。

卑弥呼が亡くなった後、邪馬台国は男の王になり衰弱し、狗奴国に負けてに紀伊半島に追いやられたのではないかと思います。紀伊半島に移り台与が王女になり力を盛り返した。

結論
邪馬台国は、九州、紀伊半島どちらにもあった。
卑弥呼の時代は、九州、台与の時代は紀伊にあった。

少し乱暴な推理ですが、これでおわります


 

邪馬台国 参

himiko_g邪馬台国がどこにあったのか!と言う問題から外れるが、魏志倭人伝にはその後の邪馬台国の事も書いてある。
邪馬台国に敵対する謎の戦闘的な国家、狗奴国(くなこく)が南方にあったらしい。
狗奴国との戦争の間に、原因は定かでないが卑弥呼は死んでしまう。
卑弥呼の後、男が王となるが統制が崩れてしまう。
そこで卑弥呼の血筋を汲む、台与(とよ)という13才の少女を女王に立てることになった。すると、人々は服して内乱は収まり再び平和が戻った。
当てにならない魏志倭人伝ではここまで記載されている。
この後邪馬台国や狗奴国がどうなったのかは一切わからない。

100
年余り経った4世紀の終わり頃には、強大な統一王朝が出来上がっていたらしく、朝鮮半島に大軍を出兵して高句麗や新羅を相手に幾度も激戦を交えたことが史実に記録されている。
空白の1世紀足らずの間に何かが起きて強大な力を持った国家が日本に誕生したということである。
4
世紀は、謎の世紀と呼ばれ、日本の古代史の中でも空白になっている時期である。
中国側の資料もなく、この時期、日本の古代史がどういう状態であったのかよくわからないのだ。
5
世紀前半には、我国初の統一王朝として、大和朝廷が成立したことが判明しているだけである
なぞの100年の間に何が起こり、台与はどうなったか!1000人もの仕えていた女の人を一緒に埋めたとされる、卑弥呼の墓が解れば邪馬台国がどこにあったのか解るはずだ。

でもこれが解れば、ノーベル賞ものだ。
困りました。もう一晩寝て考えます。 つづく

邪馬台国 弐

20130106073054魏志倭人伝では、朝鮮半島の帯方郡(たいほうぐん)から邪馬台国へ行く道のりが記されている。
それによれば、邪馬台国まで12000里とある。
内容は、日本側に面した韓国の海岸まで水行で7000里、海峡横断に3000里と書かれている。差し引きすると、日本に上陸して2000里となる訳だ。
魏の1里は約80メートルほどなので、2000里は、160kにしかならない。
ここまでは邪馬台国は九州にあったとしか考えられないのだが、別の記載で不弥国(ふみこく)から南に水行20日ほど下ると投馬国に着くと書かれ、(不弥国の位置は、漢の時代にその当時力のあった奴国に送られた金印が発見された、博多湾の入口付近にある志賀島付近である。) 邪馬台国に行くには、ここからさらに水行10日かかり、その上、さらに徒歩で1か月もかかると記されている。
「あれー」って感じだ。

日本に上陸して2000里を2ヶ月もかかるのですか?
当時の中国の航行技術だと1日で300里ほど進めたらしい。つまり船だと1日で約24kだ。
紀伊のような気もしてきた。

魏志倭人伝を書いた人は計算できない人ですね!

これで皆さん!邪馬台国は九州とか紀伊とか言ってる訳ですね!
やはり矛盾だらけで魏志倭人伝は当てにならなかったですね!
困りましたね!
一度眠って明日又考えましょう!おやすみ!
つづく

Article search
Counter and Time
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
Gallery
  • 母は、あの空から見守ってくれている。
  • 初7日
  • 母へ
  • “ころ柿”
  • “ころ柿”
  • 能登島 野生イルカ
  • 地震
  • 牡蠣
  • 元気が出る曲!
  • 誕生日はA5
  • 謹賀新年
  • 香箱と宗玄!
  • 初雪
  • 能登島の海
  • 能登島の海
  • 「せっぷんとんねる」
Fund-raising