心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

7~8日目 「バイクで行こう!中国・四国編」 トラブル

P1040530しまなみ海道は、霧で走る事も困難な状態だった。

ヘルメットをしていても、白い霧の中から汽笛音が聞こえた。

これもあまり体験できない事だろう。






山陽道のSAで休憩の後、MッちバイクCB750のエンジンがかからない!

いつも出かける前は整備を万全にしているのに不思議だ。

JAFを呼ぶ、どうもバッテリーか走って充電する機能インジェクションかどちらからしい。

トラブルを解消するのに次の日の午前中まで潰れてしまった。

そして、その日はどしゃぶり!
角島大橋へは、翌日にして長門市大正館まで最短距離で走る。
山口県周南市~長門市まで100k1時間半の道のりだが、風と雨が気持ちいいくらい当たった!
合羽は着ていたが、シューズや首元はびしょびしょだ。!


大正館は、質素だが手作り感のある味のある、何一つとってもセンスのあるホテルだった。 CIMG3295


 

6日目 「バイクで行こう!中国・四国編」道後温泉


CIMG3172朝、雨がかなり降っている。

佐多岬へのメロディライン、夕焼けこやけラインはキャンセルするしかない。

チェックアウトのぎりぎりまでホテルで過ごす。

小ぶりになった雨の中、高速、高松自動車で高松道後温泉に向かう。
松山に着いた時には、雨も上がっていた。

道後温泉は、有馬温泉(兵庫県)、白浜温泉(和歌山県)と並び日本書紀や風土記に登場するので日本三古湯と言われる。

一度は行きたいと思っていた、道後温泉の中心にある、重要文化財の本館にチェックインを済ませて、タクシーで出かけた。

裏道後温泉は、掛け流しだが、現在本館はお湯の量も少なくなり循環して沸かしているとタクシーの運転手の談。

honkan_mapだから皆一番風呂に並ぶらしい。

又、本館は千と千尋の神隠しのモデルとなった所でもある。

三階立ての中は←の図のようになっていて、お風呂は神の湯の400円コース、霊の湯の1500円コースがあり、霊の湯コースは、和の個室が与えられお茶とお団子をまったりと味わう事が出来る。

勿論僕は、霊の湯コースを選んだが、お風呂場は狭くて綺麗と言えない。

古いとか、文化財とかだけで、又入りたいとは思わなかった。
霊の湯コースは、
夏目漱石の使用した部屋や、天皇専用の浴槽があり、天皇のトイレも見れる。
天皇がトイレを使用したなら公開する事が出来ないらしいが、使用しなかったので公開できるとか、そして唯一天皇のトイレを見れるのはここだけだとか!

本館三階の部屋から下を見ると、生ビールの店、直ぐに直行した。
神の湯コースでよかったじゃん!
 

5日目 「バイクで行こう!中国・四国編」 段畑と鯛めし

今回、その日の3時前ならキャンセルペナルテーがかからないと聞いて、ほとんどをスパーホテルにした。

CIMG3082天候によって僕のツーリングは、急に変更するからだ。

10日間の内7日はスパーホテル、1日目のシーサイドホテル舞子ビラ神戸、今回は足摺のホテルベールリーフ大月だった。

全室デッキ付きで、かなりの高さから手付かずの自然な海が部屋から見える。

低価格で期待していなかっただけに、満足した。


置き忘れたサイドバックも、コンビニのお姉さんから届いていた。
日本で良かった!

ホテルを後にして、今回の四国、中国バイクツーリングで2箇所、絶対に見たい所の1つ、遊子水荷浦の段畑(ゆすみずがうらのだんばた)のある三浦半島へ向かった。

CIMG3119段畑は、耕地の少ないこの地方では急峻な山腹を拓き畑地に変えた、岬の急傾斜面に小さな石を積み上げて形成された雛段状の畑地である。

能登の内浦に似た、漁村を幾つも越して段畑に着いた。


NHKの番組での映像より、肉眼で見た時の方が圧巻だ!

今回の食べたい物の1つ、鯛めしを八幡浜でたべる。

風になって「バイクで行こう!中国・四国編」 Last 動画

4日目 「バイクで行こう!中国・四国編」 龍馬と万次郎

CIMG3035龍馬に逢いたくて、いつものペースより早く出発。

桂浜に急ぐ、竜馬の像は日本各地にあるが、やはりここの像が一番好きだ。

龍馬像の横に展望台を設置し,龍馬と同じ目線で太平洋を眺める事ができた。

上から見ると本当にブーツを履いていた。

そして目線は、岡本慎太郎の室戸の方を見ているように思えた。

名残惜しいが、龍馬に別れを告げて、黒潮ラインを走る。

黒潮ラインは、別名 桂浜花海道と呼ばれ、土佐湾沿いを走るシーサイドロードだ。

そして、横波黒潮ライン、細長く伸びた横波半島の尾根を黒潮の大海原を望みながらツーリングが楽しめる。南側は太平洋、北側は北ノ内湾に面しており、かなり高い所を走るので絶景を眺めることができるコースだ。



IMG_1731そして、四万十へ、四国の川は四万十ばかりでなく全ての川が美しいと思った。

四万十の観光案内所で、指定の観光地で押してもらったスタンプをいくつか集めたので龍馬パスポートに変えて貰い、日本最高温度のTシャツをゲット!

会社も車のナンバなど、なんでも41を付けているので、これは買わないとダメでしょう。



IMG_1750

CIMG3066足摺岬までの道は、嫌になるほどのカーブの連続、

この岬にジョン万次郎こと中浜万次郎の像がある。彼は、この辺りの漁師だった。

父親が早く亡くなり、9歳から漁に出ていた。14歳の時遭難して、アメリカの捕鯨船に救助される。四人で遭難したが、他の三人はハワイ下船し、彼だけがアメリカ本土に行く、捕鯨船の船長の養子となり大学まで出た。

彼にも彼女が出来たが、遠洋漁業に行っている間に彼女が病死する。ホームシックになった万次郎は日本帰国を決意。しかし資金がない、時のアメリカはゴールドラッシュ、奇跡的に万次郎の一団が大金鉱を掘り当て、万次郎は超金持ちになる。

そして船を購入する。途中ハワイで別れた3人、一人は病死、一人は結婚していたので、一人だけを連れて日本に帰国する。

時代は幕末、江戸にペリーが来航し黒船騒動。英語が出来ない幕府は交渉が出来ずに困り果てる。万次郎が呼ばれるが江戸城は、武士しか登城できない、万次郎は異例の身分昇格、なんと旗本にジョブチェンジ。万次郎は武士になった!

やがて明治維新、明治新政府誕生、ここでも万次郎の英語が大活躍、アメリカの現状、交渉術、船舶知識なども豊富な万次郎はそのまま新政府の役人になる。

この人ほど数奇な運命の人はいないだろう!

Article search
Counter and Time
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Gallery
  • 道の駅ランキング 2017
  • 台風18号
  • 旅の宿
  • 能登のキリコ祭り
  • 能登のキリコ祭り
  • 西海祭り
  • 西海祭り
  • ペルセウス座流星群
  • 能登島
  • 能登島
  • 石崎奉燈祭
  • 石崎奉燈祭
  • スケーリーフット
  • 和倉温泉花火大会
  • 僕達は孤独なのか!
  • きぼう
Fund-raising