心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

龍馬を斬った男 その6

さぁ!今日も竜馬を斬った男を一緒に推理してみよう!

京都見廻組隊士が犯人ある根拠が3点出てきところでしたね!
 今井信郎の自供を、再現してみましょう。(齋藤正明さんのブログ強烈で、どうしても会話調を書きたくなってしまいました。

boo 「今日お前を取調べする、booだ!よろしくなー」「今井!お前が龍馬を斬った犯人か!」「スッカリ吐いて、楽になれ!」
今井 「・・・・・・・・・。」
boo
 「共犯は誰だ!」「お母さんも泣いているぞ!」
今井 「・・・・・・・・・」。
boo
「お前が早く犯人を喋らないと、ぶんママに怒られるんだ。頼む!喋ってくれ!
今井 「・・・・・・・・・」。
boo
「この親子丼でも食べて、それからでいいから、知っていること全部話すんだぞ!
今井 「はい!」
boo
「お前は!食べ物に弱いなー」
imai















(
写真今井信郎)
親子丼を食べ終わり、今井はポツポツと話はじめた。

boo
 「近江屋へ行くのを誘ったのは誰だ!
今井 「佐々・・・・・・・・・木」
boo
「佐々木只三郎だな!
今井 「坂本竜馬という男がもう一人の男と河原町三条下の旅宿に潜んでいる。上からの命令で捕まえに行って、万一手に余れば斬れ」
boo
「龍馬と一人の男がいると言ったんだな!
今井 「ハイ!先に桂隼之助が確認にいきました。」
boo
「旅宿に行ったのは、誰々だ!
今井 「近江屋に向かったのは、・・・・・・・京都見廻組組頭・・・・・佐々木只三郎と、今井信郎、渡辺吉太郎、高橋安次郎、桂隼之助、土肥仲蔵、桜井大三郎の7名で向かいました。」
boo
 「始めに近江屋に入ったのは誰だ!うん!」
今井 「佐々木只三郎は十津川の偽名刺を渡しました。」
boo
「それから、佐々木はどうしたのだ!
今井 「佐々木は、1階の階段下で待機しました。」
boo
 「お前は、どうした!」
今井 「私と土肥仲蔵、桜井大三郎の3名は表口、裏口見張り役をしました。」
boo
「と言う事は!渡辺吉太郎、高橋安次郎、桂隼之助、が2階に上がっていったのか?」
今井 「はい!そうです。」「渡辺吉太郎が鞘を落としてきたらしいです。」
boo
「まぁーお茶でも飲め!ゆつくりいこう!」
今井 「間違っていました。私と渡辺吉太郎、桂隼之助が2階に行ったのです。」
boo
「おいおい!しっかりしろ!」「どっちだ!」
今井 「私が龍馬を斬りました。」
boo
「そんなこと!間違うか!馬鹿!映画主演、萩原健一「龍馬を斬った男」は、お前は見張り役になっているぞ!
齋藤正明
刑事「コメントに、自首をされている方がいますね (^_^;)
boo
「誰だそいつは?
Posted by
戦国みつを June 11, 2006 17:25
すみません私がやりました
(>_<)

犯人が自首してきたので、今日はこれまで、明日戦国みつを を取調べましょう !

龍馬を斬った男 その5

さぁ!今日も竜馬を斬った男を一緒に推理してみよう!

img280













写真は、主演、萩原健一「龍馬を斬った男」のポスター)

昨日は幕府、徳川本体も怪しいのでは?と疑いを持ったところでした。

その前に後藤象二郎についてユダさんのコメントです。
Posted by
ユダ June 10, 2006 23:45
後藤象二郎に関しては鋭いなって思いましたね。

しかし、
①②③に関してなんですが、に関して、船中八策を発案される前から大政奉還に関しては話し合われていたので、盗用しているというように思われるとは考えなかったのではないかと思います。
に関しては、確かに怪しいお金の動きですね。しかし、それによって山内容堂に疑われるのではないか?
に関しては、長崎での会見後、坂本は同志達に「後藤と自分は知っての通りの仇敵の間柄であるが、彼は過去を一言も語らなかった。人物でなければできない心胸である。それに、話題を常に己に引きつけておいて、他人に引かれない。まれに見る才物だ。」と言わしめるほどのものが、武市の親友というだけで一派のものとして暗殺するとは考えにくいと思います。
私の勝手な考えでした。(^^ゞ明日は徳川本体ですか!楽しみです。

龍馬が後藤象二郎のことをそんな風に考えていたことは、知りませんでした。
ということは、後藤象二郎も白ですかね!

幕府、徳川本体についてです。

大政奉還は徳川慶喜が待ち望んでいた待望の策であった。慶喜は土佐藩主山内容堂から、この案を聞いた時「さすがは容堂!」と唸った程であるから、大政奉還を示唆した龍馬など知るよしも無いだろうが、例え知っていたとしたら感謝こそすれ恨む筋合いなど全く無いのである。
さらに龍馬の有名な言葉で、大政奉還を徳川慶喜が受け入れた時「よくぞ苦しいのに受け入れてくれた。私は将軍のためなら命も捨てよう」と言った内容の記録があるから、そんな龍馬を徳川が殺す理由など無いのではないか?

まったく八方塞がりですね!
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

実行犯と黒幕を分けて推理してみます。

黒幕を幕府と倒幕側に分けて、幕府側が黒幕と仮定して実行させるとしたら・・・。
実行犯・・・・・・・・・・
怪しいのは・・・・・・新鮮組は白だから・・・・・・。
幕府!そういえば幕府の関係は新鮮組だけでなく、京都見廻組があります。

見廻組は良いところの坊ちゃんの集まり、新撰組は身分の低い人たちの集まりです。
池田屋事件なので新撰組は有名になっていましたので、見廻組は新鮮組をあまりよく思っていなかったはずです。
新鮮組の仕業に見せかけようと遺留品を置き忘れたように細工をしたのでないでしょうか。

新鮮組に嫉妬していた、京都見廻組が怪しいのでは?
竜馬は伏見池田屋事件の時、確か新鮮組の隊士を2人殺していますね!指名手配中です。
京都見廻組が龍馬を捕らえようと殺しても不思議でないですね!
新鮮組の鼻をあかすことにもなります。

調べてみると、京都見廻組隊士が犯人ある根拠が3点出てきました。
京都見廻組隊士、今井信郎なる者は、坂本竜馬暗殺の犯人として一時捕まるのです。しかし直に解放されています。後に今井は、戊辰戦争が終結した明治3年2月、函館で降伏し逮捕され、竜馬暗殺を自供しました。
今井は函館戦争中にも、五稜郭政府の軍奉行の大鳥圭介に竜馬暗殺のことを仄めかしています。
元見廻組隊士、渡部篤なる人物が明治後期遺言にて佐々木只三郎の命により、竜馬を斬ったとの告白している遺言が発見されました。
竜馬を斬った小太刀(見廻組隊士、桂早之助遺物)子孫の方より伝えられ認知されています。

これはかなり有力ですね!ぶんママ安心してください。今度は期待!
この3点について明日検証しましょう。

今日はこれまで、明日ゆっくり一緒に推理しょう!


 


 

永遠の嘘をついてくれ!


聞くたびに、涙ぐんでしまう!

青春の日々が、爽やかに脳裏を流れていく。

人生は、果かない!

人生は、素晴らしいと、

永遠の嘘をついてくれ!


龍馬を斬った男 その4

さぁ!今日も竜馬を斬った男を一緒に推理してみよう!



昨日は紀州藩も怪しいのでは?と疑いを持ったところでした。
竜馬暗殺の年の4月に、紀州藩は、「いろは丸事件」によって、竜馬に多額の賠償金を支払わされていた。そのため、紀州藩士は坂本の辣腕に深く恨みを抱いていた。
そこで新撰組を使って、紀州藩は黒幕ではないかと言う疑いだが、これには証拠も何もない。

実行犯も新撰組ではないと、前の記事で結論づけた。
常識的にそんなことで、人を殺めないのではないか。紀州犯はどう考えても白でしょう。

人が殺された場合、一番得をするのは誰かですね!竜馬暗殺の場合、土佐藩の後藤象二郎です。
大政奉還が、竜馬のアイデアであることは、後世の我々は知っているが、当時、これを知っていたのは、海援隊書記の長岡謙吉と数人です。
信じられないような話だが、大政奉還は、後藤の考え出した妙案だったと堅く信じられています。
竜馬のアイデアを盗用した、土佐藩の後藤象二郎が怪しいのでは?

_thumb_kupk_00020_800_800土佐藩の後藤象二郎を調べてみましょう。
盗用したことを、世間に知れたら名声が地に墜ち、賞与の1,500石もフイになってしまう。
後藤象二郎は、竜馬の死で大儲けした。海援隊の財産をそっくり岩崎弥太郎にくれてやり、そのかわり使い込んでいた40万両の借金を肩代わりさせている。
後藤象二郎は、坂本竜馬と仇敵関係にあった。後藤象二郎の恩師の吉田東洋を暗殺させたのは、竜馬の親友武市半平太であった。そして後、武市半平太を切腹させ、武市一党の粛清に抜群の働きをしたのが後藤象二郎なのである。

怪しいのは、怪しいですね!名誉と金が一番ひっかかりますね!
実行犯でなくても、龍馬の居場所を教えたかもしれませんね!
しかし証拠がない!
灰色ということで、棚上げしましょう。

ぶんママの頭が爆発する前に結論を出さないといけないですね!
ごめんなさい!一生懸命推理します。

長州藩はどうだろう。
もう分らないので、長州藩が怪しいのでは?
この頃長州藩はボロボロで薩摩の後ろを歩く事を決めていた。
慎重過ぎる性格の桂小五郎を政治のトップとして、「ゆっくり(維新の)功を焦らず慎重に行こう」としていた。
その長州藩が坂本龍馬という要人の間で名の通った人物を暗殺するだろうか?
軍のトップであった大村益次郎も「なるべく(戦争は)後の方が良い」と語っていたように、大軍を繰り出すなんて事の出来る状態では無かったのに、竜馬を暗殺してまで倒幕に急ぐ状態では無かったと思う。
龍馬暗殺によって唯一長州が得そうなメリットは考えられない。

もう焼け糞で、幕府、徳川本体が怪しいのでは?

今日はこれまで、明日ゆっくり一緒に推理しょう!

龍馬を斬った男 その3

さぁ!今日も竜馬を斬った男を一緒に推理してみよう!



昨日は薩摩藩も怪しいのでは?と疑いを持ったところでした。
薩摩藩 「中村半次郎説」 を主張されているのが、龍馬暗殺の研究を35年以上も続けられている、歴史家の西尾秋風です。
西尾秋風の薩摩藩説の根拠は、暗殺現場となった近江屋の主人,新助の子孫である井口新助宅で発見された、海援隊幹部、佐々木多門が岡又蔵に宛てた密書です。

密書の内容は、このようなものです。
「才谷殺害人,姓名まで相分かり,これにつき薩摩の処置など,種々愉快の義これあり,いずれ後使,書取り申上ぐべきと存じ奉候」
訳すと、このようになります。
「才谷 (坂本龍馬の変名) を殺害した人間が判明した、と報告する文書である。その人間の名前は書いていないが、「薩摩の処置」 とあるため、犯人は薩摩の人間と判断出来るというのである。」

この蜜書から、西尾秋風は切り込み隊長格の中村半次郎を中心として、土佐脱藩者で暗殺グループを構成したと推測したのです。
宮川助五郎 (新撰組捕らえられていた土佐脱藩者) らを土佐藩は引き取れず、薩摩藩が引き取りとったという事実はあります。
宮川助五郎を含む土佐脱藩者を龍馬暗殺グループに引き入れたのかもしれません。
事件当時、薩摩と土佐は「薩土同盟」の関係にあり、このくらいの裏取引は簡単にできたというのです。

薩摩藩説の動機を西尾秋風はこのように考えたのです。
武力倒幕を主張してきた薩摩藩にとって、龍馬の行った「大政奉還」は恨むべき行為です。
今後の政治体制は、薩摩藩、西郷隆盛らの主張する徳川家取りつぶし、および中央集権政治に対し、土佐藩、山内容堂、後藤象二郎らの(素案は龍馬の主張する)、徳川も含めた、上院・下院を置く議会政治は非常に邪魔な意見だった。
龍馬とは「倒幕」の同志として親交の厚かった中村半次郎だが、「徳川救済」にも見える龍馬の「大政奉還」をはじめとする様々な思想は、裏切り者と感じた。

中村半次郎にはアリバイがなかったとか、「こなくそ!」は薩摩弁の「こげなくそ!」の聞き違いだと、西尾秋風先生は言っています。

o0300025213174389385中村半次郎と龍馬や慎太郎は顔見知りだが、中岡慎太郎の証言には、「顔見知り」の証言は一片もないし。
アントレのコメント(慎太郎が犯人を見て、慎太郎に止めをしていないところ見ると、慎太郎が見たこともない人物であることは確かですね。)
土佐藩も「ぐる」であり、慎太郎の証言を変えたのかもしれないが、非常に考えにくい推理です。
西尾秋風先生の説は、密書内容を前面的に信用しているが、いろいろな面で無理があると思いませんか?
「西尾秋風先生35年間何を研究したのですか?」と言いたい。

「じゃー!犯人は誰なのよ!」「あーじれったいです。」ぶんママまたまた怒られそうですね!

新鮮組でなく、薩摩藩、でもなければ、むぅ・・・・・・・・・・・・・やはり紀州藩ですかね!
いろは丸で賠償金を取られた紀州藩が怪しいのでは?

今日はこれまで、明日ゆっくり一緒に推理しょう!

Article search
Counter and Time
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
Gallery
  • 鳥居醤油
  • TV観戦
  • 母は、あの空から見守ってくれている。
  • 初7日
  • 母へ
  • “ころ柿”
  • “ころ柿”
  • 能登島 野生イルカ
  • 地震
  • 牡蠣
  • 元気が出る曲!
  • 誕生日はA5
  • 謹賀新年
  • 香箱と宗玄!
  • 初雪
  • 能登島の海
Fund-raising