西圓寺温泉

前々から気になっていた施設があった。

9bd55079-s石川県小松市北部の野田町というところに、一風変わった古いお寺がある。

外見は鐘つき堂もあるお寺なのだが、入り口には「西圓寺」と書かれた大きな垂れ幕がかかっており、どこかお寺っぽくない雰囲気だ。
玄関を開けると温泉のイオウの匂いがする。

そうなのだ!お寺の中に温泉があるのだ。

本堂らしき所には仏の台座だけがあり、畳の上にテーブルと椅子、なんだか賑わっている。

カフェだ。何故、寺に温泉?カフェ?

実はここ「西圓寺」は、もともとお寺だったところを改装した、コミュニティセンター。かつてお寺が担っていた「地域の人たちのよりどころ」という役割を見つめ直し、町の人のより所になるようにと、1473年創建のお寺を、新たに地域のコミュティセンターとして2008年に改装オープン。昔、本堂があった場所には人々が集まり、今では町内はもちろん、県外からもお寺にある温泉の噂を聞きつけてやってくるそうだ。

廃寺をリノベートしたのである!

湯冷めしにくいと評判のお湯は地下750mから湧出している、100%天然温泉かけ流し。

館内にある足湯は無料で露天風呂も備えた趣の違う2つの浴場「猿の湯」「亀の湯」は男女日替となっている。

お風呂上がりは、名物の「特製もつ煮込み」をつまみで地酒「神泉」を飲む。牛乳や地ビールを飲みながら本堂を改装したカフェで一服できる。

夜になると「西圓寺酒場」に!