室戸から高知市の方に向かうと安芸市がある。
そこが三菱財閥の創設者、岩崎弥太郎の生家がある。
高知で一番見たかったのは、弥太郎の生家だ。彼はどのような所で生まれ育ったのか、すごく興味があった。
坂本竜馬は郷士の株を買ったのに対して、弥太郎の家は郷士の株を売り、岡田以蔵と同じく武士で一番下の身分だった。
弥太郎の生家は、生け垣を巡らした屋敷内に茅葺の母屋や2階建て土蔵があり、土蔵の鬼瓦には岩崎家の紋で後の三菱のマークの原型といわれる三階菱があった。
弥太郎が貧困の少年時代を送ったとされるが、想像できないほど綺麗で落ち着いていた家であった。


11fc6a5a














縁側に腰を下ろし、竹箒を動かしている老人を眺めていると、「何処から」と土佐方言の入った言葉で問いかけられた。

老人は仕事の手を休めて隣に座り語りだした。
方言の入った言葉は、僕には半分しか分らなかったが、興味深い内容だった。

竜馬が亀山社中を海援隊に改編し蒸気船を手に入れた。
物の始めと言う意味の「いろは丸」と命名するが、この船は処女航海の時、紀州藩船「明光丸」と衝突し、宇治島沖で沈没した。
(海援隊は升屋清右衛門宅へ宿泊したことで、福山市鞆町に「いろは丸展示館」なるものもある)
この時、「いろは丸」に武器も積んでいたので、海援隊の被害はかなり大きく、紀州藩との間で、責任問題と賠償で難航していた。
交渉がうまく行かず頭を抱えていた竜馬のところへ弥太郎が訪ねて来て、「何が天下国家じゃ。好きなように脱藩して、好きなように飛び回って、ちと事故が起こったらもう止めたか。そりゃちと無責任すぎやせんか。あの「いろは丸」が走るまでにどれだけの犠牲があったか、大洲藩の国島六左衛門どのは、おまんにそそのかされて、「いろは丸」買った責任取って腹切った。それと、おまんがユニオン号の取引の時死なせた近藤長次郎、ワイルウェフ号で難破した池内蔵太、二人とも、地に足のついた真面目な奴じゃった。おまんの夢みたいな話に騙されて命を落としたんじゃ、おまんには奴等の分もやらなならん義務がある、夢を見せた分の責任がある。情けない。」と言ったそうだ。

老人の声は、時には竜馬、時には弥太郎の声に聴こえた。・・・・・・・・では又、明日。