EB1371E2B94D46D88B8B077289A11B60_Lロードス島のヘリオスの像は、実際はどの位の大きさだったのか!
ニューヨークの自由の女神像を始めて見た時、湾の向こうに見える女神像の大きさに感動したことを思い出す。
僕の住む石川の加賀温泉にも、子供を抱いている「慈母観音像」がある。写真←
加賀温泉駅から見える金色の観音像は圧巻だ。
この観音像の高さは73m、自由の女神像は高さ46.05m重さ225t、ロードス島の太陽神ヘリオスは像の高さ33m、大理石の台座を含めると50m重さ鉄7.5t、青銅12.5tである。

建造の指揮はリンドスのカレスに任され、巨像が完成したのは着工から12年後の紀元前284年であった。
56
年後の紀元前228年にロードスで地震が発生、巨像は膝から折れて倒壊した。
プトレマイオス3世は再建のための資金提供を申し出たが、ロードスの住民は神に似せた彫像を作ったことが、神の怒りに触れと考え、再建を拒否した。
巨像は800年間にわたってそのまま放置されたのだ。
巨像の残骸はエデッサの商人に売却された。商人は彫像を破壊して青銅のスクラップにし、900頭のラクダの背に積んで持ち去り、ロードスの巨像は残骸すら消失したのだ。

こうしてロードス島の巨大像は伝説となり、人の心の中でもっと巨大化していくのだ。
港口をまたぐポーズをとっていたという伝説でもあるが、現在の研究では、港口をまたぐポーズは全長が大きくなりすぎ、耐久性も弱くなる為不可能だと考えられている。

ロードス島の巨大像  完