太陽系は46億年前、銀河系の片隅に漂っていた星間物質が収縮して誕生しました。

ほとんどの物質は中心星に集まり、巨大なガス球である太陽になりました。

太陽はまずガス集積によるエネルギーで輝き始め、やがて高温・高圧の中心部で核融合反応が始まると一般的な恒星となり、残った物質は太陽の周囲を回転する円盤となり、その大部分は木星や土星になりました。

そのため木星の物質構成は太陽に似ていて、太陽のなり損ないと言われます。

 

太陽系の各天体が誕生するまでには、いくつかの段階を経たと考えられます。

最初は高温であった円盤が冷えるにつれ、水素とヘリウム以外の元素は鉱物や氷の固体微粒子に凝結します。

 

ダストがさらに集まってできた小天体が微惑星です。

微惑星は太陽からの距離に応じて、岩石主体のものと氷主体のものがありました。

太陽近くでは岩石質微惑星がさらに衝突・合体して地球型惑星が誕生しました。

一方、外側では氷質微惑星が衝突・合体し、さらに膨大なガスをまとって木星型惑星が誕生しました。

このように太陽系の天体たちは、同じ星間物質からほぼ同時に誕生した、いわば兄弟のような関係です。

太陽が誕生したこと、その兄弟の距離とならび順、そして各天体の大きさ、無限に近い確率でこうなったことが、僕たち生命の誕生に繋がっていくのです。

 

次回は惑星と衛星です。

4、惑星と衛星