mokusei













 

我々人類がこうして地球上で生きていられるのは、木星のお陰と言っても過言ではないのです。

直径が地球の11.倍質量が地球の318倍あります。

この重さは、他の全ての惑星の質量の合計の2倍以上になるのです。

その引力の影響は、とても大きいのです。太陽系の外周部からは、太陽に向かっておびただしい数の物体が太陽の引力に引かれて流れてきています。

もし、木星が無かったら地球に激突する物が相当数の数となるでしょう。

実際、大きな隕石の激突により、地球は氷河期を迎えました。もう少し大きな物体であれば、地球ごと粉々になっている事でしょう。

木星はそのような隕石や物体を受け止めてくれているのです。

1994年夏に起こったシューメーカー-レビー第9彗星の木星衝突がその例です。

沢山の物体を受け止めながら、木星は地球の盾となり守ってくれているのです。

 

 

惑星は16個ありますが、この内のガニメデ、カリスト、エウロパ、イオは、今から約390年前の1610年、ガリレオ・ガリレイ発見されました。この4つを「ガリレオ衛星」と言います。

ガリレオ・ガリレイって人は本当に凄い人ですね!

イオは活火山が発見されました。

エウロパ(写真↓)の地表をおおう氷の下には、液体の海があるのです。

この海に生命が居るかも!

 

 europa

 

 

 

 

 

 

 

 

 













次回は土星です。



8、 土星