f5289f1c987831dc90fd78ae2e0aa6e6三大流星群、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」、8月の夏の「ペルセウス座流星群」ですが、ペルセウス座流星群が11日夜から14日朝までで13日に出現のピークを迎える。
毎年決まった時期に夜空の一点からたくさんの流星が放射状に流れることが知られており、これを流星群といい、流星が流れてくるように見える中心点を「放射点」といいますが、その放射点が「ペルセウス座」にあるのでペルセウス座流星群と呼ばれています
同流星群は、ペルセウス座にある「放射点」から流星が四方八方に軌跡を描く。ペルセウス座は真夜中に北東の比較的高い場所に上るため、午前零時すぎから明け方にかけて、肉眼で夜空を広く見渡していると、流星を見つけやすいという。 
山や高原など空の暗い条件の良い場所で眺めれば、1時間で4060個以上の流星を見ることができるでしょう。明るい流星が多いので、空が比較的明るいところでも楽しめる流星群です。
流星は、宇宙空間にただよっている0.1ミリメートルから数センチメートルのチリ(流星ダスト)が、秒速数10キロメートルという猛スピードで地球の大気に突っ込んできたときに発光する現象です。発光する高度は上空100キロメートル前後ですが、これを地上から見ていると、夜空を一瞬で駆け抜けていく星のように見え、簡単に言うと流れ星です。

11
日の夜から夜空を見上げて願い事してください。