能登半島 の南部にひかえる七尾湾は、リアス式海岸がつらなる景勝地として知られている。七尾湾は、日本海とつながる内海であるほか、棚田など豊かな土地がもたらした養分とが相まって、良好の漁場としても名が高いところ。そのため、一帯は「能登の里山里海 」として2011年に世界農業遺産に認定されている。

能登島の家は七尾西湾に接しているが、そこから見える和倉温泉の右側は中島地区という。県道249号線を走ると牡蠣の食べ放題の看板が多く見られる。

行き付けの店「太公望」で、特注した蒸釜で牡蠣をいただく。あまり牡蠣が得意でない僕も、この牡蠣はいただける。

IMG_5097