leaf_1710_top_001_jpg_ximg_l_full_m_smart










EV
は前々から興味があったが、「まだまだ先の事」と考えていた。

日産が完成検査不備の問題を出した10頃、新型『日産リーフ』が販売された。

EVのなかでも本命と目され、自動運転技術も搭載した一台だ。

車を見てみようとディラーに行くと、試乗車に乗る事になった。

 

車は、何台も乗り継いできたが、今までに無い感覚!

ガソリン車とは明らかに異なる、不思議な一体感、似ているのは、1000万クラスのスポーツカーだ。

バッテリーが床下にあるので重心が低くて安定性があり、ハンドリング性能も高い。

加速感は、バイクの感覚だ。

静かさにも驚きだ。窓を開けるとエンジン付きの車と違い、街の音が聞こえてくる。

 

走行は、100%充電で400k走行、080%までの充電時間40分。

カードを買うと月額2000円。

EVなる車、初めてで正直どの様な事が問題なのか解らないが、発注!

しかし、完成検査不備の問題で出荷が止っているらしく、納車まで34ヶ月との事。

この時期キャンセルがあるのではと考え、調べてもらうと金沢にXクラスが一台あると言う。スペツクは、SXGと有り、Xは真ん中のグレードである。

「それでいいです。」

さて、どうなるのか? 次回