この曲は、1985年当時、アメリカ国内だけでシングル400万枚、アルバム300万枚を売り上ました。最終的にはアメリカだけで750万枚のシングル(7インチと12インチ版が用意された)が売れ、すべての印税はチャリティとして寄付されています。

 

1984年にイギリスのボブ・ゲルドフによるエチオピアの飢餓救済プロジェクト『バンド・エイド』が発表したチャリティ曲「Do They Know It’s Christmas?」の成功を受けて、1985年にアメリカのアーティストがアフリカの飢餓と貧困を解消する目的でUSA for Africaというプロジェクトを立ち上げ、作られたキャンペーンソングです。

 

作詞・作曲はマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが共同で行い、プロデュースはクインシー・ジョーンズが担当。

この歴史的なセッションの数日前の122日、ケニー・ロジャースが所有するライオン・シェア・スタジオにてクインシー・ジョーンズ、マイケル・ジャクソン、ライオネル・リッチー、スティーヴィー・ワンダーが集まって先行レコーディングを行い、翌日にマイケル・ジャクソン、ライオネル・リッチーによるデモテープが完成し、参加者に送られましたて、そして128日の夜、アメリカン・ミュージック・アワードの直後、アメリカのみならず当時の世界のポップス界を代表する45人が、ハリウッドのA&Mスタジオに集結してレコーディングされたのです。

この夜、マイケル・ジャクソンはアメリカン・ミュージック・アワードを欠席し、一足先にコーラスの目安に使うためのガイド・ボーカルの録音を行っていました。

21時を過ぎると、続々とアーティストが到着し、 ライオネル・リッチーはアメリカン・ミュージック・アワードの司会、シンディ・ローパー、ティナ・ターナーは歌ったりと、多くのアーティストがこの授賞式から直行でした。

22時、まず45人のアーティストが全員でユニゾンと、ハーモニーのパートを録音。そしてコーラスの間のソロ・ボーカルの録音は、約20人のアーティストによって翌日早朝4時に始まり、午前8時にようやくすべてのレコーディングが終了しました。

アル・ジャロウ

ウィリー・ネルソン

ウェイロン・ジェニングス

キム・カーンズ

クインシー・ジョーンズ(プロデューサー及び指揮)

ケニー・ロギンス

ケニー・ロジャース

ジェフリー・オズボーン

ジェームス・イングラム

ジャッキー・ジャクソン

シンディ・ローパー

シーラ・E

スティーヴィー・ワンダー

スティーヴ・ペリー

スモーキー・ロビンソン

ダイアナ・ロス

ダリル・ホール&ジョン・オーツ

ダン・エイクロイド

ディオンヌ・ワーウィック

ティト・ジャクソン

ティナ・ターナー

ハリー・ベラフォンテ

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース

ビリー・ジョエル

ブルース・スプリングスティーン

ベット・ミドラー

ポインター・シスターズ

ボブ・ゲルドフ

ボブ・ディラン

ポール・サイモン

マイケル・ジャクソン

マーロン・ジャクソン

ライオネル・リッチー

ラトーヤ・ジャクソン

ランディ・ジャクソン

リンジー・バッキンガム

レイ・チャールズ