Damz3mDUQAAXaiu

「農口 尚彦」

日本酒好きの人であれば、この名をご存知の人も多い!

2014年、自ら名前を付けた「農口 」が農口 酒造から発売された。

なかなか手に入らず、このお酒に出会って口にした時の幸福感は、今も鮮烈に覚えている。

しかし、2016年農口氏は、経営者側とのトラブルで会社を退社したと聞いた。

現在も、農口 酒造から「農口 」は販売されているが、何か偽者臭くて飲まなくなってしまった。

ところが農口氏が「株式会社 農口尚彦研究所」として復活したのだ。

 

改めて紹介しょう。

農口氏は、石川県珠洲郡内浦町出身の有名な能登杜氏で、菊姫・上きげんの農口尚彦、天狗舞の中三郎、満寿泉の三盃幸一、開運の波瀬正吉の4人は「能登杜氏四天王」と称される。だが能登杜氏四天王の他の3名も農口氏に教えを請うたとのこと。

農口尚彦氏は、現代の「酒づくりの神様」なのだ。

 

そのお酒が今目の前にある。

そして口にした。

「おおーこれぞ日本酒!」


178646f4003fda3b4c3a589105d20d2b