心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

ベスト10

ベスト10   第二弾 道  5 「潮風ライン」

YAMAHA XJR1300  HONDA CB750201415にかけて日本を周った事は、僕の人生にとって輝いた一瞬だった。普通のバイカーと違い、一日200kくらいの移動で、その地域の特産物、観光地をゆっくり周った旅だった。

人生一瞬の出来事だったかも知れないが、今も夢に見るくらい、その映像が心に強く残っている。あらゆる点から見てベスト10で紹介したい!

 

第二弾 道

    バイクで走って楽しい道を選んでみた。

5位、「潮風ライン」

 

敦賀から三国まで越前海岸を走る国道305号線を「潮風ライン」呼ぶ。

水仙、越前蟹は冬なのでバイクのシーズンは、残念だが難しい。

しかし、日本海の藍色の海を見ながらのツーリングは、一度走ると解ると思う。
https://goo.gl/maps/zgFJmHLnteQ2

img_4

ベスト10   第二弾 道  6 「ニセコパノラマライン」

YAMAHA XJR1300  HONDA CB750201415にかけて日本を周った事は、僕の人生にとって輝いた一瞬だった。普通のバイカーと違い、一日200kくらいの移動で、その地域の特産物、観光地をゆっくり周った旅だった。

人生一瞬の出来事だったかも知れないが、今も夢に見るくらい、その映像が心に強く残っている。あらゆる点から見てベスト10で紹介したい!

 

第二弾 道

    バイクで走って楽しい道を選んでみた。

6位、「ニセコパノラマライン」

 

北海道の真直ぐな道も良いのだが、バイクはやはりカーブを責める時の感覚は、バイカーなら好きなはずだ。

道道66号線の岩内からJRニセコ駅までの42kmの峠越えの区間をその眺望の美しさからニセコパノラマラインと呼ぶ。

北海道の真直ぐな道に飽きてきた時に良いかもしれない。

この区間はニセコアンヌプリを始めとしたニセコの山々を見ながら、はるか遠くに岩内の町並みや日本海まで見渡すことができるとあってその名に恥じない美しさがあり、その絶景から2002年には日本百名道にも選ばれている。特にニセコパノラマラインの最高峰となる標高832mのチセヌプリ峠からの眺めは美しい。

そこから200mほど歩いた場所にある神仙沼自然休養林展望台から景色を楽しむことができる。

そして、僕は北海道に行ったら一度は必ず立ち寄るのが神仙沼だ。

 https://goo.gl/maps/o1uf3UZDfTC2
img_0

ベスト10   第二弾 道  7 「三方五湖レインボーライン」

YAMAHA XJR1300  HONDA CB750201415にかけて日本を周った事は、僕の人生にとって輝いた一瞬だった。普通のバイカーと違い、一日200kくらいの移動で、その地域の特産物、観光地をゆっくり周った旅だった。

人生一瞬の出来事だったかも知れないが、今も夢に見るくらい、その映像が心に強く残っている。あらゆる点から見てベスト10で紹介したい!

 

第二弾 道

    バイクで走って楽しい道を選んでみた。

7位。「三方五湖レインボーライン」

海と山と湖を結ぶ虹のかけ橋と意味でレインボーと名付けられた。

美浜町笹田から若狭町海山まで全長11,24k、海と山、そして5つの湖が織り成す自然美をたっぷりと堪能できる。

梅丈ケ岳の山頂には、展望公園があり、バラ園、願い事が叶うと言われる「天狗のかわら投げ」当地出身の五木ひろし氏にちなんだ[五木の園]などがある。ここにはリフトで登ることができる。

山頂からの雄大な眺望も、一見である。

 https://goo.gl/maps/vCHVejKmER72

27







ベスト10   第二弾 道  8 「パールライン」

YAMAHA XJR1300  HONDA CB750201415にかけて日本を周った事は、僕の人生にとって輝いた一瞬だった。普通のバイカーと違い、一日200kくらいの移動で、その地域の特産物、観光地をゆっくり周った旅だった。

人生一瞬の出来事だったかも知れないが、今も夢に見るくらい、その映像が心に強く残っている。あらゆる点から見てベスト10で紹介したい!

 

第二弾 道

    バイクで走って楽しい道を選んでみた。

8位、「パールライン」

紀伊半島は、白浜に1泊し2日目は鳥羽を目指した。

思わず工事中で回り道をさせられた事もあり、鳥羽に入ると頃には当たりは真っ黒、今回の宿は、鳥羽からパールラインの中間点くらいの処だ。

地図を見るとバールラインより、国道167号から県道47号の方が近いようだ。

しかし、47号に入ると街灯も無く、恐ろしいくらい暗闇を走る破目となってしまった。

翌朝、パールラインに乗ると、以前有料道路だけあって整備されている。

昨日の判断ミスと気づく。

鳥羽と鵜方を結ぶパールロードは、全長23.8kmのドライブウェイ。

途中にある鳥羽展望台は太平洋を見下ろす箱田山の山頂にあり標高160mにある。その眺望は360°のパノラマが楽しめる。
https://goo.gl/maps/ZeKAYm8Wy2Q2

CIMG4772







ベスト10   第二弾 道  9 「富士スバルライン」

YAMAHA XJR1300  HONDA CB750201415にかけて日本を周った事は、僕の人生にとって輝いた一瞬だった。普通のバイカーと違い、一日200kくらいの移動で、その地域の特産物、観光地をゆっくり周った旅だった。

人生一瞬の出来事だったかも知れないが、今も夢に見るくらい、その映像が心に強く残っている。あらゆる点から見てベスト10で紹介したい!

 

第二弾 道

    バイクで走って楽しい道を選んでみた。

9位、「富士スバルライン」

日本一の富士山、川口湖から富士山5合目までの大自然を貫く29.5Kmの山岳ドライブウェイだ。

走り屋には、富士スカイラインに比べて不満があるかも知れないが、広い綺麗な道が続き、登るにつれて眼下に樹海が広がってくる。

富士スカイラインは、海が見えるがこちらは樹海、人工物が見えない事が僕は好きだ。

40分で雲海の広がる標高2,305m5合目に到達、富士五湖が足下で輝き、南アルプス、八ヶ岳、秩父山地を見渡す絶景の地だ。

登山シーズンは、マイカー規制があるので注意!

 
https://goo.gl/maps/5USTUV7rHqP2


P1040168 (1)














Article search
Counter and Time
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Gallery
  • 「森友学園」「加計学園」「出会い系バー」
  • ニッキー・ヘイデン
  • 大相撲 懸賞金
  • ナターシャ・グジー
  • Rijchary(リチャリー)
  • もし僕が金正恩だったら
  • 憲法改正
  • 兼六園の無料開放最終日
  • 主計町茶屋街
  • 能登さくら駅
  • 地獄温泉 清風荘
  • MotoGP  開幕
  • 失敗しないキャンピンカー選び! Ⅱ ビルダーその2
  • 失敗しないキャンピンカー選び! Ⅱ ビルダーその2
  • WBC2次ラウンド
  • 失敗しないキャンピンカー選び! Ⅱ ビルダーその1
Fund-raising