心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

龍馬を斬った男

龍馬を斬った男 その4

さぁ!今日も竜馬を斬った男を一緒に推理してみよう!



昨日は紀州藩も怪しいのでは?と疑いを持ったところでした。
竜馬暗殺の年の4月に、紀州藩は、「いろは丸事件」によって、竜馬に多額の賠償金を支払わされていた。そのため、紀州藩士は坂本の辣腕に深く恨みを抱いていた。
そこで新撰組を使って、紀州藩は黒幕ではないかと言う疑いだが、これには証拠も何もない。

実行犯も新撰組ではないと、前の記事で結論づけた。
常識的にそんなことで、人を殺めないのではないか。紀州犯はどう考えても白でしょう。

人が殺された場合、一番得をするのは誰かですね!竜馬暗殺の場合、土佐藩の後藤象二郎です。
大政奉還が、竜馬のアイデアであることは、後世の我々は知っているが、当時、これを知っていたのは、海援隊書記の長岡謙吉と数人です。
信じられないような話だが、大政奉還は、後藤の考え出した妙案だったと堅く信じられています。
竜馬のアイデアを盗用した、土佐藩の後藤象二郎が怪しいのでは?

_thumb_kupk_00020_800_800土佐藩の後藤象二郎を調べてみましょう。
盗用したことを、世間に知れたら名声が地に墜ち、賞与の1,500石もフイになってしまう。
後藤象二郎は、竜馬の死で大儲けした。海援隊の財産をそっくり岩崎弥太郎にくれてやり、そのかわり使い込んでいた40万両の借金を肩代わりさせている。
後藤象二郎は、坂本竜馬と仇敵関係にあった。後藤象二郎の恩師の吉田東洋を暗殺させたのは、竜馬の親友武市半平太であった。そして後、武市半平太を切腹させ、武市一党の粛清に抜群の働きをしたのが後藤象二郎なのである。

怪しいのは、怪しいですね!名誉と金が一番ひっかかりますね!
実行犯でなくても、龍馬の居場所を教えたかもしれませんね!
しかし証拠がない!
灰色ということで、棚上げしましょう。

ぶんママの頭が爆発する前に結論を出さないといけないですね!
ごめんなさい!一生懸命推理します。

長州藩はどうだろう。
もう分らないので、長州藩が怪しいのでは?
この頃長州藩はボロボロで薩摩の後ろを歩く事を決めていた。
慎重過ぎる性格の桂小五郎を政治のトップとして、「ゆっくり(維新の)功を焦らず慎重に行こう」としていた。
その長州藩が坂本龍馬という要人の間で名の通った人物を暗殺するだろうか?
軍のトップであった大村益次郎も「なるべく(戦争は)後の方が良い」と語っていたように、大軍を繰り出すなんて事の出来る状態では無かったのに、竜馬を暗殺してまで倒幕に急ぐ状態では無かったと思う。
龍馬暗殺によって唯一長州が得そうなメリットは考えられない。

もう焼け糞で、幕府、徳川本体が怪しいのでは?

今日はこれまで、明日ゆっくり一緒に推理しょう!

龍馬を斬った男 その3

さぁ!今日も竜馬を斬った男を一緒に推理してみよう!



昨日は薩摩藩も怪しいのでは?と疑いを持ったところでした。
薩摩藩 「中村半次郎説」 を主張されているのが、龍馬暗殺の研究を35年以上も続けられている、歴史家の西尾秋風です。
西尾秋風の薩摩藩説の根拠は、暗殺現場となった近江屋の主人,新助の子孫である井口新助宅で発見された、海援隊幹部、佐々木多門が岡又蔵に宛てた密書です。

密書の内容は、このようなものです。
「才谷殺害人,姓名まで相分かり,これにつき薩摩の処置など,種々愉快の義これあり,いずれ後使,書取り申上ぐべきと存じ奉候」
訳すと、このようになります。
「才谷 (坂本龍馬の変名) を殺害した人間が判明した、と報告する文書である。その人間の名前は書いていないが、「薩摩の処置」 とあるため、犯人は薩摩の人間と判断出来るというのである。」

この蜜書から、西尾秋風は切り込み隊長格の中村半次郎を中心として、土佐脱藩者で暗殺グループを構成したと推測したのです。
宮川助五郎 (新撰組捕らえられていた土佐脱藩者) らを土佐藩は引き取れず、薩摩藩が引き取りとったという事実はあります。
宮川助五郎を含む土佐脱藩者を龍馬暗殺グループに引き入れたのかもしれません。
事件当時、薩摩と土佐は「薩土同盟」の関係にあり、このくらいの裏取引は簡単にできたというのです。

薩摩藩説の動機を西尾秋風はこのように考えたのです。
武力倒幕を主張してきた薩摩藩にとって、龍馬の行った「大政奉還」は恨むべき行為です。
今後の政治体制は、薩摩藩、西郷隆盛らの主張する徳川家取りつぶし、および中央集権政治に対し、土佐藩、山内容堂、後藤象二郎らの(素案は龍馬の主張する)、徳川も含めた、上院・下院を置く議会政治は非常に邪魔な意見だった。
龍馬とは「倒幕」の同志として親交の厚かった中村半次郎だが、「徳川救済」にも見える龍馬の「大政奉還」をはじめとする様々な思想は、裏切り者と感じた。

中村半次郎にはアリバイがなかったとか、「こなくそ!」は薩摩弁の「こげなくそ!」の聞き違いだと、西尾秋風先生は言っています。

o0300025213174389385中村半次郎と龍馬や慎太郎は顔見知りだが、中岡慎太郎の証言には、「顔見知り」の証言は一片もないし。
アントレのコメント(慎太郎が犯人を見て、慎太郎に止めをしていないところ見ると、慎太郎が見たこともない人物であることは確かですね。)
土佐藩も「ぐる」であり、慎太郎の証言を変えたのかもしれないが、非常に考えにくい推理です。
西尾秋風先生の説は、密書内容を前面的に信用しているが、いろいろな面で無理があると思いませんか?
「西尾秋風先生35年間何を研究したのですか?」と言いたい。

「じゃー!犯人は誰なのよ!」「あーじれったいです。」ぶんママまたまた怒られそうですね!

新鮮組でなく、薩摩藩、でもなければ、むぅ・・・・・・・・・・・・・やはり紀州藩ですかね!
いろは丸で賠償金を取られた紀州藩が怪しいのでは?

今日はこれまで、明日ゆっくり一緒に推理しょう!

龍馬を斬った男 その2

さぁ!今日も竜馬を斬った男を一緒に推理してみよう!


img830














(左、坂本龍馬 右、中岡慎太郎


昨日の記事で、現場の状況が解りましたね!手がかりはないのか分析してみましょう。

1)
遺留品が2つあった。
・下駄 京都先斗町(ぽんとちょう)「瓢亭」(ひさごてい)の焼印入りの下駄一足。「瓢亭」は新撰組がひいきにしていた料亭である。
・鞘 伊藤甲子太郎(かっしたろう)高大寺党党首で元新撰組参謀は、事件を聞きつけ近江屋は駆けつけ、この鞘を見て、「新撰組副長助勤の原田左之助のものである」と証言した。
2
)犯人は龍馬が醤油商近江屋いることを知っていた。
3
)犯人は「十津川郷士の者だが」名乗るが、龍馬が十津川郷士と関係のあることを知っていた。
4
)龍馬は何時も用心していて奥の倉にいるのに、風邪をひいていたので母屋の2階にいた。
5
)「ほたえなや」の声で、龍馬とわかったのは、竜馬の声を犯人は知っていた。
6
)正座して挨拶をしたのは、龍馬は犯人の顔を知っていた。「久し振りです。」と言った。
7
)犯人は「こなくそ」は土佐の言葉で伊予弁だ。
8
)慎太郎に止めを刺さなかったのは、竜馬が目的だった。
物証や手がかりは以上です。このことから犯人を推理してみよう。

遺留品から先ずは、新撰組が怪しいのでは?
「瓢亭」は新撰組がひいきにしていた料亭の下駄が遺留品として残っていた。
新撰組副長助勤の原田左之助の鞘が遺留品として残っていた。
犯人は「こなくそ」と言い頭部を斬りつけた。原田は土佐の伊予出身だ。
新撰組には確かに動機はあり、寺田屋事件で、龍馬と長州、三吉慎蔵が伏見奉行に襲われた際、龍馬はピストルで2人を射殺した。

新撰組は「殺人犯」(池田屋事件の時、龍馬はピストル隊士を2人殺している)として龍馬を捕殺する義務があったわけですから、もし暗殺を行っていたとしたら否定する理由はどこにもないわけです。
上記の4点から考えると案外簡単でした。犯人は新撰組、斬ったのは原田です。
・・・・・・・いや!よく考えると、あまりにも簡単すぎませんか、下駄とか鞘など犯人が直分る物を置いていくとは考えられないのでは、「こなくそ」も慎太郎が聞いたので、竜馬が言ったのかもしれないのです。
新撰組をはめようとした、何か意図的感じしませんか。
犯人は新鮮組でないような気がします。「じゃー誰!」ってぶんママに怒られそうですね!

ただ土佐藩と薩摩藩は最後まで新撰組説を強固に主張したと言います。大久保利通から岩倉具視に宛てた手紙の中で「暗殺犯は新撰組である」と断言した文章が残っているそうです。

はっきり新鮮組だと言っている薩摩藩も怪しいのでは?
薩摩藩の剣客で、すぐに思い起こされるのが、「人斬り半次郎」 こと中村半次郎ですね!

今日はこれまで、明日ゆっくり一緒に推理しょう!


 

龍馬を斬った男 その1

Posted by じょん May 28, 2006 23:57暗殺した殺し屋は誰だったんでしょうね・・竜馬が行くには詳しく書かれて無かったですけど、自分は今でも興味があります。)

龍馬を斬った男は、誰なのか?誰でも興味持ちますよね!
じょんのコメントにお答えしましょう。
と言いたいのですが、ごめんなさい!
この暗殺事件に関してこれまで、星の数ほどの書籍に数々の諸説が述べられています。
しかしながら、決定的な諸説はなく 「日本史4大ミステリーの一つ」 とされています
新撰組隊士説、幕府見廻り隊士説、薩摩藩説、土佐藩説、紀州藩説、その他も色々ありますが「完全な犯人像」を確定しきれていません。
困りましたね!
僕の得意な偏見と想像で推理してみましょう。
犯人を捜す早道は、犯行現場と言われていますので、現場に行って手口や証拠品など詳しく調べてみましょう。

龍馬暗殺の現場状況

38926801_624普段龍馬は、刺客対策として近江屋裏手の土蔵を利用していたが、風邪をひいていた為、母屋の2階に移っていた。
午後8時半ごろ、峰吉に軍鶏を買いに行かせ、龍馬と慎太郎の2人は、倒幕論について熱く論議を始めた。
午後9時頃犯人が「十津川郷士の者だが、才谷先生(龍馬の変称)がご在宅ならば、お目どうし願いたい」と名刺を出した。
昔相撲取りの藤吉が名刺を受け取り、2階の龍馬の所へ行った。(藤吉は2階に行く前に切られたかもしれない)

3
人が戸口から入って主人を脅した。入り口に1名ないしは2名。1階の近江屋新助をはじめとする住人脅しに1名。裏手に1名。(人数も定かでない)
藤吉が龍馬に名刺を渡して戻る途中に襲われて斬られる、藤吉が転げ大きな音がした。その物音に対して「ほたえな!」(騒がしい!)と龍馬が言った。
犯人は、この声か、藤吉が名刺を持って2階に行ったので、龍馬の居場所が分った。
犯人達は、2階の座敷に入り、正座して「坂本先生お久し振りです。」と手ついて挨拶をした。
龍馬は名刺をよく見ようと、行灯に手をやった時、いきなり犯人は、龍馬に斬りかかった。
床の間の掛け軸の血の跡からは、かなり近くからいきなり斬りつけたと思われる。
慎太郎はそれに驚き、脇差をつかみ立ち上がろうとした。
龍馬は、深手を負いながら床の間の刀を取ろうと、身をひねった後ろを、犯人に「こなくそ!」(この野郎!)と言いい、斬られた。
それでも刀を持ち、前を向いて受け止めた鞘を削り龍馬の前額にもろに刀が入り、この傷が致命傷になった。
慎太郎は手足など11箇所を斬られ、倒れた。
慎太郎の息のあるのが分ったが「もうよい、もうよい」と言い、犯人達は引き上げた。
龍馬は立ち上がり「慎太どうした、手は動くか」「残念、残念」と言い、隣の座敷まで行き「俺は脳をやられた、もうだめだ」と言い、血の海に倒れた。

今日はこれまで、明日ゆっくり一緒に推理しょう!



 

Article search
Counter and Time
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Gallery
  • 「森友学園」「加計学園」「出会い系バー」
  • ニッキー・ヘイデン
  • 大相撲 懸賞金
  • ナターシャ・グジー
  • Rijchary(リチャリー)
  • もし僕が金正恩だったら
  • 憲法改正
  • 兼六園の無料開放最終日
  • 主計町茶屋街
  • 能登さくら駅
  • 地獄温泉 清風荘
  • MotoGP  開幕
  • 失敗しないキャンピンカー選び! Ⅱ ビルダーその2
  • 失敗しないキャンピンカー選び! Ⅱ ビルダーその2
  • WBC2次ラウンド
  • 失敗しないキャンピンカー選び! Ⅱ ビルダーその1
Fund-raising