心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

エフェソスのアルテミス神殿

エフェソスのアルテミス神殿

toruko203l古代世界の七不思議の第5!

トルコ共和国のエーゲ海岸沿いに、エフェソスという街がある。
その町にアルテミスの神殿がその美しい姿を、わずか残している。
世界の7不思議を選んだビザンティウムの哲学者フィロンも、アルテミス神殿は、「神々のただひとつの家である。」と言っている。
又、「他の不思議は影に隠れてしまった」とも言っている。

アルテミス神殿のあったエフェソスという町はカイストル川の河口にある港町だった。
川上からの土砂が堆積し,港が埋まる現象が定期的におきた。
このことから逃れる為に街は移動を繰り返したのだ。
初期の神殿は紀元前700年頃建設されたが,上記の理由で何度も移動を重ねて、移築されるたびに神殿の規模は大きくなり,3回目の神殿は正面1643m,奥行232mになっていた。
しかしこの神殿も紀元前356年に放火により全焼してしまったのだ。
その後,再建で正面55m,奥115m,高さ19mの大理石の円柱127本を使用した巨大な神殿が建設された。
20060501-27この神殿はアテネのパルテノン神殿の2倍以上の規模である。

紀元前265年ゴート人の侵入を受けアルテミス神殿は破壊された。
そして神殿は川が運んでくる土砂のため完全に埋まってしまい,長い間存在は忘れられていた。
1869年イギリスの学者J.T.ウッドが発掘したのだ。
現在,アルテミス神殿跡には柱が1本復元されているが、この一本の柱を見ても優美な建築物であったことが想像できる。





ハリカルナッソスのマウソロス霊廟

古代世界の七不思議

はじめに
世界の七不思議をご存知ですか!
ビザンチウムのフィロンの書いた、「世界の七つの景観」の中で選ばれた、古代の地中海地方に存在していた7つの巨大建造物を指します。
古代エジプト,バビロニア,ギリシャは、今でも困難と思われる建築技術があったのは驚きです。

先ずは古代世界の七不思議の下記の建築物を紹介しましょう。

20091018_3232121


ギザの大ピラミッド
バビロンの空中庭園
ロードス島の巨像
オリンピアのゼウス像
エフェソスのアルテミス神殿
ハリカルナッソスのマウソロス霊廟
アレクサンドリアの大灯台




ギザの大ピラミッド

クフ王、カフラー王、メンカウラー王の3つがある。
古代世界の七不思議の中で、現在唯一残されている建築物である

バビロンの空中庭園
新バビロニア帝国の首都バビロンにあったとされる、立体型の庭園。砂漠の大庭園への水供給システムは未だに謎とされる。

ロードス島の巨像
地中海のロードス島にあったアポロ(ヘリオス)像。

オリンピアのゼウス像
古代オリンピックの開催地,オリンピア神域にあった守護神像。

エフェソスのアルテミス神殿
小アジアの貿易都市,エフェソスにあったアルテミス神殿。アテネのパルテノン神殿をも凌ぐ規模だった。

ハリカルナッソスのマウソロス霊廟
小アジアのカリア王国の領主マウソロス王、アルテミシア女王の墓。

アレクサンドリアの大灯台
エジプトのアレキサンドリアにあった大灯台。その巨大さで古代世界では有名で、ファロス(灯台)の語源になった。

では明日から!

ギザの三大ピラミッド Ⅰ

Article search
Counter and Time
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Gallery
  • 馬鹿な議員達の本心が見えた!
  • ローズパレード
  • ローズパレード
  • 伝説のオールナイト・コンサート 「吉田拓郎・かぐや姫 コンサート イン つま恋」
  • 何か!すっきりしない!
  • 道の駅ランキング 2017
  • 台風18号
  • 旅の宿
  • 能登のキリコ祭り
  • 能登のキリコ祭り
  • 西海祭り
  • 西海祭り
  • ペルセウス座流星群
  • 能登島
  • 能登島
  • 石崎奉燈祭
Fund-raising