心の赴くままに!

赤に染まる朝日を見て、青空と白い雲を眺めて、金色の夕陽を見る、そして夜空の星に語りかける、、
そんな日々を過ごしたい。心の赴くままに!

二三味珈琲

バイクツーリング2015 能登路1  二三味珈琲

ゴールデンウィークの営業は?
3日から6日までは休もうと思う!
月曜日から天気は崩れるそうだ。
では日曜日走ろうか!
これが30日のバイク屋ケンチャンとの会話だ。

計画では、僕とMっちは珠洲へ走り二三味珈琲を飲み、門前おっちゃんの店カフェ「こうや」でケンチャン、ナイスヨーコ達とドッキング、富来の能登牛「風車」で昼食。

nizami朝、7時能登里山海道を走ると、5月に入ったとは言え、まだ肌寒い!
1030分には、目的の二三味珈琲に着いた。
10時からの開店なのに、もう客が待っている。
NHKの「まれ」、映画「さいはてにて」の影響だろう。
外の椅子に座り待つ事にした。
後ろに大きな荷物積んだ、京都ナンバーのCBR250が入って来た。
可愛そうに今から並んだらかなり遅くなる、手招きして呼び、人数を間違った事にして、僕らと同じにグループとしてお茶を飲む事にした。
その説明が終わると彼は「怒られるのかと思いました。」僕ってそんな怖い顔?
先日の琵琶湖の話などしていると、待つ時間は短く感じる。
それでも、「さいはてにて」のロケ地に行く時間は無くなり、門前の待ち合わせ場所の「こうや」に向かった。
空は晴れ渡り、海は穏やかで青、素晴らしいツーリング日和となった。
CIMG2804











続く!



7日の出来事  その5 「しおCafé」

e0255748_09502970「さいはてにて」のロケ地でおばちゃんと話しこんでしまい時間を忘れていた。

時計を見ると4時である。

もう走らないと夕食の廻転寿し「西海丸」が終わってしまうかも知れない。

急ごうと思っていたけど、気になる所を思い出した。

「しおCaféである。

古民家を活用して、揚げ浜式製塩法の塩を使ったこだわりのドリンクや料理を堪能できると聞く。

バイクツーリング時も見逃して通り過ぎてしまったけど、今回も同じく通りすぎてしまった。狼煙の方から来ると誰もが見逃してしまうのか、「行き過ぎた」事を知らせる看板が設置されていた。

ここの「しおCafé」金沢工大生が経営していて、冬季は休んでいると聞いたが、店員に聞くと工大生は設計しただけで経営は加賀の会社だそうだ。

ふーん そうなのか!少しがっかり。

021ここも若いスタッフが多い!田舎で働くのが最近ブームなのか?

珈琲は、さっき話していたあの「二三味珈琲」だった。

「今日珈琲何杯目??」

若い感じが伝わってくる設計で、ここの内装は僕好みだ。
カフェからは日本海の
絶景を眺めることができ、最高のロケーション!


つづく!



関連記事

7日の出来事 その1 能登ワイン

7日の出来事 その2 Noto Pain

7日の出来事 その3 禄剛埼灯台

7日の出来事 その4 「さいはてにて」ロケ地

7日の出来事  その4 「さいはてにて」ロケ地

mv_sp狼煙の道の駅から数分、輪島に向かって走ると木の浦海岸がある。

2015/2/28全国上映された永作博美と佐々木希主演の映画「さいはてにて」の珠洲のロケ地である。

映画に登場する焙煎珈琲店「ヨダカ珈琲」は、今日休みだった「二三味珈琲」がモデルで、社長の仙北屋葉子さんは撮影中、珈琲店主役の永作博美さんにコーヒー豆の焙煎を指導したそうだ。

ロケ地の目の前に市が設ける観光施設があり、そこに「二三味珈琲」が臨時出店していた。平日で天気も思わしくないからか、店の客は年老いた女性が一人いた。

店内には映画のパネルが飾られている。

年老いた女性と話していると、どうも仙北屋葉子さんの母親らしい。


019
娘の会社設立から映画になるきっかけなど色々はなしてくれた。

176407306_62464940そうしていると仙北屋さんの父親も店に入ってきて、一緒になり連ドラの「まれ」のように能登弁で色々な話をした。
店の裏には、仙北屋さんの祖父の船小屋があり、月、火はここで焙煎を行っている。

辺り一面に香ばしい香りが漂っていた。







つづく!



関連記事
7日の出来事 その1 能登ワイン
7日の出来事 その2 Noto Pain
7日の出来事 その3 禄剛埼灯台

7日の出来事  その2 Noto Pain

これは4月7日の出来事である。!
004
ネットで調べると「二三味珈琲」は、休みだった。
「それでは、珠洲に行く前にオーストラリア人が民宿とカフェを経営していると聞いた事がある。」
「そこは行った事があります。」「(ふらっと)って言う店です。
「では、そこに行こう!」
間違って民宿の方に行くとその外人、「違う!」と一言。
カフェは、名前も変わり経営も変わったようでパン屋さんになっていた。
名前は「Noto Pain」
そのままやん! (僕のツッコミ) 
若い女性が3名は働いていた。
「こんな田舎なのに、若い女性が地元で残り働く事は凄いなー」
店の前は、海!
天気か良いと、立山が見えるらしい。
能登半島内浦なので、海は湖のように静かだ。
目の前にバス停がある。
Jeepを移動して、海、バス停、コヒーカップ、サンドを入れて撮影しょうと一苦労。

珈琲の味は、・・・・。


 011009
















関連記事

7日の出来事  その1 能登ワイン


7日の出来事  その1 能登ワイン

644035_533191906706243_412367650_nこれは4月7日の出来事である!

「ワインが切れたので、取りに行こうかなー!」

彼女の不思議なところで、化粧にお金を使わないのに能登ワインにワインセラーを持っている。

ここにワインを何十本を常備している。

昨年、バイクツーリングに行った時の事だ。

能登ワインの店員が「ブドウの木のオーナーになりませんか!」と言ってきた。

僕は何気なく「それもいいかなー」と思い、お金を払ってサインをした後で、「ワインとして、飲めるには?」と聞くと5年後ですかね!」 「えーそんなー死んでしまってるわー!」そしてその権利も彼女に譲ったので、彼女は今ではワインセラーとブドウの木のオーナーでもある。

「僕は、能登に生まれたのに、能登の先端の禄剛埼灯台に行った事がない!」

「ついでにそこも行こう!」

「能登が舞台になり今上映されている『さいはてに』のモデルとなった『二三味珈琲』の珈琲も飲んでみたいね!」

「それもいいね!食事は最近人気らしい港の中に出来た廻転寿司『西海丸』しょうか!」

「そうだね!」

exisshop_2_009004000063外へ出ると、以上に寒い!

もう一度部屋に戻り、防寒着を持って曇り空の中、車を能登に向かって走らせた。
金沢より能登の方が天気はいいようだ。

Jeepは、能登里山海道を順調に走る。

「この辺にオービスが設置されたらしいよ!」

「西海からの潮風チャッピーさんのブログの情報である。

穴水ICに下りて、小高い岡に能登ワインはある。

2007年物のワイン何本ありますかー」「それ全て下さい!」

「私のぶどうの木何処に植えてあるのですか!」

「こちらから何本目・・はい!・・・109ですね。」

結局、その木までの道はぬかるんでいて、木のそばには行かなかった。

つづく!

Article search
Counter and Time
Profile
d5ce4983.gif


訪問有難うごさいます。
私は本ブログ管理者のふーと申します。
主人の赤影を紹介します。
生まれは能登、現在金沢に住む、バツ1の男性。
体は中年、心は少年!
いまだに夢を追っかけて、愛を捜し求めているらしい。これから赤い糸で結ばれる相手が何処かにいると今も信じる。寂しいのは嫌いだが、寂しい自分を外から見ているのは好き。
人情に篤いが我侭、何事も無計画、そして涙もろい!
YouTube
image
       
クイック
登録お願いします!
Gallery
  • 能登島の海
  • 能登島の海
  • 「せっぷんとんねる」
  • 「あぜのきらめき」
  • ザ・マジックアワー
  • 夕暮れ時は淋しそう
  • 変っていく
  • 馬鹿な議員達の本心が見えた!
  • ローズパレード
  • ローズパレード
  • 伝説のオールナイト・コンサート 「吉田拓郎・かぐや姫 コンサート イン つま恋」
  • 何か!すっきりしない!
  • 道の駅ランキング 2017
  • 台風18号
  • 旅の宿
  • 能登のキリコ祭り
Fund-raising